ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

『All In One SEO Pack』の設定|画像たっぷりスッキリ理解

Sato
WRITER
 
All in One SEO Pack アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

『All In One SEO Pack』は、「Google アナリティクス」や「Google Search Console」など、ほかの設定(アカウント登録など)が絡んでくるため、設定に一番時間がかかるプラグインです。

この記事では、WordPress初心者がWordPressサイトを運営するための基本的な設定、という範囲で進めていきます。

いまは意味がわからなくても、「自分のブログを上位表示させるために必要な作業」と理解して、最後までやり通してくださいね。

「Google アナリティクス」や「Google Search Console」など、
『All In One SEO Pack』の設定に不可欠なんだけど、先にアカウント登録をしないと設定に入れない、という作業については、別ページで記事を書いてリンクで誘導する、という形にしていきます。

まずはここで設定できることを進めていきましょう。

『All In One SEO Pack』は何ができるのか?
  • 記事ごとのメタディスクリプションを検索上に反映。
  • 「Googleアナリティクス」や「Jetpack by WordPress.com」と連携したアクセス解析。
  • 「Facebook」や「Twitter」経由での拡散・集客。

 

『All In One SEO Pack』をインストールする

『All In One SEO Pack』のインストールがまだの方は先にやってしまいましょう。
「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」を開いて、

プラグインの検索

 

「プラグインの検索」に「All In One SEO Pack」と入力すると自動的に検索されるので、左側の「今すぐインストール」をクリック。

All In One SEO Pack を今すぐインストール

 

「有効化」をクリックすると、自動的にダッシュボードのメニューとして表示されます。

All In One SEO Pack を有効化

 

以上で『All In One SEO Pack』のインストールは完了です。

 

設定と順序

『All In One SEO Pack』は有料の「Pro」バージョンもありますが、無料の範囲で設定を進めていきます。

無料にして機能が充実しているので、これだけで十二分に使えます。

設定は、

  1. 一般設定
  2. 機能管理
  3. XML サイトマップ
  4. ソーシャルメディア

の順に進めていきます。

 

1.『All In One SEO Pack』の「一般設定」を設定する

「ダッシュボード」→「All In One SEO」→「一般設定」、を選択。

All In One SEO Pack の一般設定

「一般設定」の項目は10個あります。

一般設定(何も設定しない)
ホームページ設定
タイトル設定
コンテンツタイプ設定
表示設定

ウェブマスター認証(今回は設定しない)
Google 設定
Noindex 設定
詳細設定(何も設定しない)
キーワード設定(何も設定しない)

緑文字を設定していきます。

 

一般設定

初期設定のままでオッケー。

一般設定は何もしない

 

ホームページ設定

ここは、当サイトの場合を例に説明します。

ホームタイトル

サイトのタイトル(57文字以内)を入力します。

ホームタイトル JINKLE

 

ホームディスクリプション

どんなサイトなのかを、自然な日本語で、検索されたいキーワードを入れて、160文字以内で、書いてください。

ホームディスクリプション JINKLE

 

当サイトの場合を例として挙げると、検索結果の画面上に、このように表示されます。

ホームタイトルとホームディスクリプションの画像

 

ここは大事なところなので、時間をかけて考えましょう。
ただ、あまりにも時間がかかって止まってしまってはいけないので、ダメなら書き直すくらいの気持ちで、ほどほどに考えたら書き込んで先へ進みましょう。

 

固定フロントページを代用

デフォルトの「無効」を選択しておきましょう。

固定フロントページを代用

 

タイトル設定

初期設定のままでオッケー。

タイトル設定 何もしない

 

コンテンツタイプ設定

「メディア」にチェックを追加する。

SEOを行うコンテンツタイプ チェックを追加

 

表示設定

初期設定のままでオッケー。

カスタム投稿~何もしない

 

ウェブマスター認証

必須の個所なのですが、「Google Search Console」というのを先に設定する必要があります。

「Google Search Console」の設定だけでも結構な文字数になって、初心者さんが混乱してしまう可能性があるので、冒頭にも書いたように、別の記事で設定詳細をお伝えします。

取りあえずは、デフォルトで通過しておきましょう。

ウェブマスター認証 素通り

 

Google 設定

ここの作業を行うには、先に「Google アナリティクス」を登録・設定して、「トラッキング ID」というのを取得しなくてはなりません。

まだの方はこちらで、登録から取得までを済ませましょう。

「トラッキング ID」を取得したら、ここに戻ってきてください。


それでは、「Google 設定」を進めていきます。
ここは設定する項目のみ書いていきます。

サイトリンク検索ボックスを表示

チェックを入れます。
運よく1位!になると、検索結果の画面で検索ボックスを表示してくれます。

表示されたらラッキー!くらいの気持ちでチェックを入れておきましょう。
サプライズがあるとイイですね!

検索結果に検索ボックスが付いてくる

 

優先サイト名を設定

チェックを入れます。
運よく1位!になると(たぶんですが)、チェックをいれると、検索結果1ページの右サイドに自分のサイトをナレッジグラフ表示できるちゃうかも♪

ナレッジグラフっていうのはこんな感じ。
有名企業さんの社名とかで検索したら具体的に見れますよ。(念のためモザイクを入れています)

ナレッジグラフだよ

 

優先名を指定

「ダッシュボード」→「設定」→「一般」、で表示させたときの「サイトタイトル」を入力します。

ダッシュボードの一般設定のサイトタイトル

 

Google アナリティクス ID:

「トラッキング ID」をコピーペーストします。

 

まとめたのが下の画像になります。

Google 設定の確認

 

Noindex 設定

「カテゴリーに noindex を使用:」のチェックをはずして、

その下の6個、
・日付別アーカイブに noindex を使用:
・投稿者アーカイブに noindex を適用:
・タグをnoindexにする:
・検索ページに noindex を使用:
・404 ページに noindex を使用:
・ページ付けされたページ/投稿に noindex を使用 :
に連続してチェックがついた状態にします。

Noindex 設定 チェック

 

詳細設定

初期設定のままでオッケー。

詳細設定 何もしない

 

キーワード設定

キーワード設定 何もしない

 

最後の「設定を更新」をクリックして、『All In One SEO Pack』の「一般設定」は完了です。

設定を更新 ハイライト

 

2.『All In One SEO Pack』の「機能管理」を設定する

「ダッシュボード」→「All In One SEO」→「機能管理」、を選択。
「XML サイトマップ」と「ソーシャルメディア」の「Activate」をそれぞれクリック。

機能管理 2つ グレー

 

「XML サイトマップ」と「ソーシャルメディア」の画像がグレーから青に変わったら、「機能管理」の設定は完了です。

機能管理 2つ ブルー

 

3.『All In One SEO Pack』の「XML サイトマップ」を設定する

「ダッシュボード」→「All In One SEO」→「XML サイトマップ」、を選択。

XML サイトマップ に入る

 

「XML サイトマップ」まで移動して、「タクソノミー」の「タグ」のチェックをはずす。
このとき、「すべてのタクソノミー」のチェックもいっしょにはずれます。

タクソノミー チェックはずす

 

ページ上部の「サイトマップを更新」をクリックして完了です。

サイトマップを更新 ハイライト

 

4.『All In One SEO Pack』の「ソーシャルメディア」を設定する

「ダッシュボード」→「All In One SEO」→「ソーシャルメディア」、を選択。

ソーシャルメディア 入る

 

ホームページ設定

※「一般設定」でやった「ホームページ設定」とはまったくの別物です。

ここで行う「ホームページ設定」は、Facebook や Twitter などに、あなたのWordPressサイトのトップページがシェアされたときの表示設定です。

設定画像は、まとめて下に表示します。

AIOSEO の Title と Description を使用する

ここはデフォルトでオッケー。

サイト名

あなたが所有するWordPressサイトのタイトル。

ホームタイトル

Facebook で表示させたいタイトル。

ホームのディスクリプション

SEOを意識する必要はない(検索結果には出ない)ので、あなたの運営しているサイトがどんなサイトなのかを、100~160文字程度で、SNS向けにリラックスした感じで書くとイイんじゃないかと思います。

ホーム画像

ここで選択された画像が表示されます。

記入例の画像

ホームページ設定 まとめ画像

 

ホーム画像を選択する手順

「画像をアップロード」をクリック。

画像をアップロード ハイライト

 

選択する画像をクリックして、「Choose Image」をクリック。

画像を Choose Image

 

画像の URL が入ったのを確認して、

画像をアップロード https

 

上の「設定を更新」をクリックして、

設定を更新 ハイライト

ここまでで、「ソーシャルメディア」の「ホームページ設定」は完了です。

 

Facebook での表示例

プラグマン 壁に挿す

 

Twitter での表示例

Twitter のプラグマン

Twitter では「ホームタイトル」が反映されてない感じ。(私だけ?)

 

 

画像設定

「OG:Image ソースを選択」→「アイキャッチ画像」を選択
「画像が見つからない場合はデフォルトを使用」→ チェックを入れる
上の2つ以外は初期設定のままにします。

画像設定 2つ

 

ソーシャルプロフィールリンク

デフォルトのままでオッケー。

ソーシャルプロフィールリンク 何もしない

 

Facebook設定

設定するのは3か所。
記入例の画像は、下にまとめました。

Facebook 管理者 ID

Facebook にログインして、自分の名前をクリックしたときに表示されるURL(個人ページ)
「https://www.facebook.com/○○○」の
「○○○」の部分を入力します。

Facebook Publisher の記事を表示

Facebook ページのURL(もし、お持ちでしたら)をコピーペーストします。

記事に Facebook の著者を表示

チェックを入れる。

記入例の画像

Facebook 設定 3つ

 

Twitter設定

自分のTwitter アカウントにログインして、プロフィール画像をクリックして、プロフィールを開きます。

Twitter 設定 前

 

プロフィール画像が一番大きく表示される画面を開きます。
ここから2つ(Twitter サイト、Twitter ドメイン)を記入します。

Twitter 設定 画像でチェック

 

デフォルト Twitter カード

「要約の大きい画像」を選択。
(記入例の画像は下にあります。)

Twitter サイト

Twitterアカウントを入力。

Twitter 投稿者を表示

チェックを入れる。

Twitter ドメイン

プロフィールページの URL の「https://」を省いた部分
「twitter.com/Sato_JINKLE」を入力する。

記入例の画像

Twitter 設定 4つ

 

詳細設定

デフォルトでオッケー。

詳細設定 何もしない

 

ソーシャルメタ情報をスキャン

デフォルトでオッケー。

ソーシャルメタ情報をスキャン 何もしない

 

最後に、「設定を更新」をクリックして、「ソーシャルメディア」の設定は完了です。

設定を更新がハイライト

 

まとめ

はい、本当におつかれ様でした!
WordPress初心者さんにはなかなか大変な作業でしたよね。

『All in One SEO Pack』には使い慣れるほどに納得の機能がたくさんあります。
Facebook や Twitter など、SNSとの連携
記事単位で記事の内容説明(メタディスクリプション)が書ける

など、時間が経つほどに真価がわかってきます。

『All in One SEO Pack』に限らずですが、プラグインは、開発者さんの頑張りで日々アップデートを繰り返しながら進化しているので、ときどき確認する、という習慣をつけましょう。

「あぁ、ヤヤこし、もうイヤ!」なんて思わないでね。
自分のペースでいいと思うので、着実にWordPressの知識として積み上げていきましょう。

コツコツやったら、「コツコツやっててよかったな♪」って思える瞬間が未来にいっぱい待ってるからね。
WordPressの達人に近づいていきましょう!

 

かんぱーい!

ビールで乾杯 横200px

この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.