ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

【図解誘導】Googleアナリティクスの設定|覚えておきたい3ポイント

Sato
WRITER
 
Google Analytics である
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

この記事では、Googleアナリティクスの設定について、
Gmailアカウント(=Googleアカウント)
と連携させる、という形で解説していきます。

『All In One SEO Pack』とGoogleアナリティクスの連携がまだの方は、まず、「トラッキング ID」と「トラッキングコード」を取得して、

取得を終えたあとにリンクバナーを用意してあるので、そこから『All In One SEO Pack』の「Google 設定」へ飛んで、アナリティクスとの連携を行ってください。

Googleアナリティクスで大切な3つのポイント
  • プロパティを追加する
  • PCとスマホで自分のアクセスを除外する
  • 初心者がアクセス解析を気にすべきタイミング

 

Gmailアカウントに連携させてGoogleアナリティクスを設定する

Gmailのアカウントがまだの方は、下記の記事を参考に、先にGmailアカウントを取得してください。

取得したら、Gmailにログインしておきます。

 

Gmailにログインし た状態で、アナリティクスホームを開いて、 「無料で利用する」をクリック。

Googleアナリティクスを無料で利用する

 

「登録」をクリック。

Googleアナリティクスに登録する

 

「新しいアカウント」の入力内容。

アカウント名自分で文字列を決めて入力します。
(例:Tetsu-blog)
ウェブサイトの名前あなたのWordPressサイトのタイトル。
(例:主夫・哲郎が家事と子育てから学んだこと)
ウェブサイトの URL例えば、「https://example.com」なら、
左から「https://」を選択、
右に「example.com」を入力。
業種あなたのサイトの方向に沿ったものを選びます。
レポートのタイムゾーン左で「日本」を選択すると、
右が「(GMT+09:00)日本時間」に変わります。

 

以下の画像が入力例です。

Googleアナリティクスの新しいアカウントを設定する

 

データ共有設定

すべて選択(デフォルト)でオッケー。
一番下の「トラッキング ID を取得」をクリックします。

トラッキングIDを取得する

 

「Google アナリティクス利用規約」のページが開くので、「日本」を選択・表示させて、

Googleアナリティクスの利用規約を日本語に設定

 

3か所にチェックを入れて、最後の「同意する」をクリック。

Googleアナリティクスの利用規約に同意する

 

ポップアップが現れるので、「興味はない」をクリックして閉じます。

新しいGoogleアナリティクスのモバイルアプリに興味はない

 

はい、そして…、
出ーたッ!
これが欲しかったものです。

「トラッキング ID」と「トラッキングコード」

ここまでで、Googleアナリティクスの設定は完了です。

「トラッキング ID」か、「トラッキングコード」か、どちらかを貼り付けると、あなたのサイトのアクセス解析をGoogleアナリティクスがやってくれます。

 

『All In One SEO Pack』の「Google 設定」にGoogleアナリティクスをつなぐ

「Google 設定」の「Google アナリティクス ID:」欄内に「トラッキング ID」をコピペする、
という作業を行っていきます。

その前に、

※ここに注意!

あなたのWordPressサイトを「サイトA」とすると、
「Google アナリティクス」に「サイトA」を登録して取得した「トラッキング ID」を、
「サイトA」で有効化した『All In One SEO Pack』に登録します。
必ず、「サイトA」と「サイトA」でつないでください。

このつながりを確認して、「トラッキング ID」をコピーしたら、下のバナーをクリックしてください。

 

Googleアナリティクス専用のプラグイン『Google Analytics for WordPress』を使う

ここは、『All In One SEO Pack』をインストールしない場合の説明になります。

この方法のメリットは、プラグインにアナリティクスを設定するので、WordPressテーマを変えても再設定の必要がない、というところ。

プラグインの強み、ですね。

それでは設定していきましょう。
「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」と開いて、
右上「プラグインの検索」に「Google Analytics for WordPress」と入力して検索。

画像のプラグインを、「今すぐインストール」→「有効化」します。

Googleアナリティクス専用プラグイン

 

メニューの「Google Analytics」をクリックして、「Tracking Code」に「トラッキング ID」をコピペ。
次に、下の「変更を保存」をクリックして、Googleアナリティクスとの連携が完了です。

Googleアナリティクス専用プラグインの設定

 

1. アナリティクスにプロパティを追加する方法|複数サイトの登録

ある程度の記事数になってくると、サイトの方向に気づきが出てきます。

よくあるのが、
「もうひとつWordPressサイトを作って、2つに分けた方がいいな」
というパターン。

WordPressサイトをもうひとつ作るとなると、新たな「トラッキング ID」が必要になります。
ここで、アナリティクスのプロパティを追加する、ということになるんですね。

具体的な作業に入る前に、「アカウント」と「プロパティ」について再確認しておきましょう。

アナリティクスの管理画面では、「アカウント」と「プロパティ」がこのように表示されます。

アカウント名とプロパティ名

「アカウント名」の下層に「プロパティ名」が追記されていくという形になります。

※プロパティ名は、サイト名など区別しやすいものをつけましょう。

参考
プロパティは別アカウントへの移動が可能です。
もちろん、このときに別アカウントがなければ、新規で作ることになります。

 

それでは、プロパティを追加していきましょう。
左サイドのメニュー下の「管理」をクリック。

管理を開く

 

プロパティを追加するアカウント名を確認して、「プロパティを作成」をクリック。

アカウント名を確認してプロパティを作成する

 

「追加アカウント」の入力例。

ウェブサイトの名前新しいWordPressサイトのタイトル。
(例:哲郎のこだわり調理器具)
ウェブサイトの URL例えば、「https://example2.com」なら、
左から「https://」を選択、
右に「example2.com」を入力。
業種新しいサイトの方向に沿ったものを選びます。
レポートのタイムゾーン左で「日本」を選択すると、
右が「(GMT+09:00)日本時間」に変わります。

 

以下の画像が入力例です。
入力したら「トラッキング ID を取得」をクリック。

新しい「トラッキング ID」を取得する

 

追加したプロパティの「トラッキング ID」と「トラッキングコード」が取得できました。

新しい「トラッキング ID」と「トラッキングコード」

 

プロパティの編集

「管理」をクリックした画面から、
アカウント名とプロパティ名を確認して、「プロパティ設定」をクリック。

プロパティを追加設定する

 

目的の箇所を編集したら、一番下の「保存」をクリックして編集完了です。

プロパティを編集して保存する

 

プロパティの削除

「管理」をクリックした画面から、アカウント名とプロパティ名を確認して、「プロパティ設定」を開いて、

右上の「ゴミ箱に移動」をクリック。

プロパティをゴミ箱に移動する

 

「プロパティを削除」をクリックして削除が完了します。

プロパティを削除する

 

2. アナリティクスへの自分のアクセスを除外する方法|PCとスマホ

2、3記事投稿したところで、どうもアクセス状況が気になって仕方がない、何度も何度もGoogleアナリティクスに出たり入ったり、

そして…、

「おぉ!スゲェーっ!3記事しか書いてないのにアクセスが50くらい来てる!」
なんてね、実はコレ、全部自分が出入りした数がカウントされてるだけなんです。

はい、こんなムダな興奮&喜び&ガックシ!を感じないためにも、自分のアクセスを除外する、という設定を早々にやっておきましょう。

 

PCからのアクセスを除外する|IPアドレス

IPアドレスとは?
ネットワーク上で接続された機器(パソコンやスマートフォンなど)を識別するために割り振られた番号の羅列。
インターネット上の住所のようなもの。
自分のPCからのアクセスを除外する手順
  • 自分のPCのIPアドレスを調べる
  • Googleアナリティクスにフィルターを設定する

では、下のバナーボタンをクリックして自分のIPアドレスを調べましょう。

 

赤い枠の中の数字の並びがあなたのIPアドレスです。
(このIPアドレスはそのまま表示させておいてください)

IPアドレスを確認する

 

次は、Googleアナリティクスでの設定です。

左サイドのメニュー下の「管理」をクリック。

管理を開く

 

アカウント名を確認して、「すべてのフィルタ」をクリック。

すべてのフィルタを選択

 

「フィルタを追加」ボタンをクリック。

+フィルタを追加

 

フィルタ名適当に付けます。
(例:自宅のPCのアクセスを除外)
フィルタの種類除外
参照元からリンク先を選択しますIP アドレスからのトラフィック
(選択後にIPアドレスの入力欄が開きます)
式を選択します等しい
IP アドレス先ほどの自分のIPアドレスをコピペする。
(例 1111.00.0.111)
ビューにフィルタを適用
「すべてのウェブサイトデータ」を選択して、「追加」をクリック。

 

画像の番号順に、確認しながら作業を進めてください。
(最期に、一番下の「保存」をクリックして完了です。)

「ビューにフィルタを追加」の詳細設定

 

スマホからのアクセスを除外する

PCのルーターからWifiを飛ばしている場合は、スマホのIPアドレスもPCと同じです。

念のため、スマホで下のQRコードを読み取って、IPアドレスを表示させてみてください。
(PCのときと同じサイトをスマホで表示します)

IPアドレス確認のQRコード

 

自分のアクセスが除外されているかを確認しておこう

いま除外設定をしたPC(スマホ)から、自分のサイトに適当にアクセスしたあとで、

左のサイドメニューから、
「リアルタイム」→「概観」
をクリック。

なんの痕跡も表示されなければ、除外できています。

痕跡が確認されたときは、意外なところで見落としがあったりもするので、再度設定を見直してみてください。

IPアドレスが変わった、IPアドレスが複数ある
といったときは、編集したり、IPアドレスの数だけフィルタを設定して、対応してくださいね。

 

3. WordPress初心者がアクセス解析を見るタイミング

WordPressで記事を書き始めると、初心者の場合はとくにアクセス解析が気になります。

「アクセス解析が見たい~ッ!!!」
という気持ちもよくわかるのですが、記事を書き始めて即効アクセスが集まる、ということはほぼありません。

どの記事にアクセスが集まっているのか?
どんなキーワードで訪問者が来ているのか?

こんなことがアクセスから見えてくるのは、最低でも30記事(それも、キーワードを狙って書いた記事)くらいは書いてからです。

 

記事を書くときの心構え
  • 記事数を稼ぐために適当に記事を書かない。
  • ライティングの勉強も平行してやっていく。

これも、みんなが通ってきた道。
あなたも同じように通っていくしかありません。

 

まとめ

Googleアナリティクスは、無料で使える上に、最高の機能を備えたアクセス解析ツールです。

どれくらい最高の機能なのかというと、こんな本が出版されるくらいの「最高の機能」です。
(この類の本は、辞書的に逆引きで使うことをおすすめします)

逆に言うと、これだけのページの本が書けるくらいの機能を満載しているので、Googleアナリティクスで何が出来るのか?設定の種類は?と細かく調べだすとキリがありません。

サイトの成長に合わせてGoogleアナリティクスを覚えていく
このバランスが一番いいと思います。

プラグインと「トラッキング ID」の連携を完了したら、充実した記事が書けるように訓練と実践を重ねて、まずはサイトを育てることに集中しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.