ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

Search Console(サーチコンソール)の登録と設定【2019】|Xserver

Sato
WRITER
 
GoogleSearchConsoleの記事のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

この記事では、Search Console(サーチコンソール)の2つの登録方法と、登録後の設定について、図解を交えて詳しく解説していきます。

Search Console(サーチコンソール)は何をするツールなのかというと、
Google検索結果であなたのサイトがどんな状態にあるのか?
というのをチェックしてくれます。

Search ConsoleとGoogleアナリティクスの違いを簡単に書くと、

サーチコンソール
アクセス前のデータを提供してくれる

Googleアナリティクス
アクセス後のデータを提供してくれる

ということになります。

お客様をお店に呼び込むまでは → Search Console
お客様がお店に入ってからは → Googleアナリティクス

というツールなので、どっちも必要だよ。

Search Consoleで出来ること
  • 検索結果の順位を上げる。
  • クリック率を上げる。
  • アクセスしてきたキーワードがわかる。

 

Search Console の登録の種類

2019年2月27日からSearch Console(サーチコンソール)の登録方法がひとつ増えて、新たに「ドメイン プロパティ」というのが加わりました。
(※サーチコンソールは「Webマスターツール」と呼ばれていました)

 

では、さっそく始めましょう。
下のバナーボタンをクリックします。

「今すぐ開始」をクリック。

今すぐ開始

 

「プロパティ タイプ」というのが左右に2つ現れました。

プロパティタイプの選択画面再び

 

ドメイン プロパティって何?

左の「ドメインプロパティ」が、2019年2月27日から導入された、Google推奨の新しい方式です。

画像でもわかるように、一番上の階層のドメインを登録して、

ドメインプロパティひとり舞台

あなたがドメインを置いているサーバーと紐付けていきます。
(※DNSの確認が出来ないサーバーは利用できません。)

「ドメイン プロパティ」で登録すると、以下の形のURLが全部含まれます。

  • https://example.com
  • https://www.example.com
  • http://example.com
  • http://www.example.com

サブドメイン形式

  • https://abc.example.com
  • https://www.abc.example.com
  • http://abc.example.com
  • http://www.abc.example.com

ディレクトリ形式

  • https://example.com/abc
  • https://www.example.com/abc
  • http://example.com/abc
  • http://www.example.com/abc

「example.com」から派生するすべてのURL
https、http、wwwなし、wwwあり、
サブドメイン形式、ディレクトリ形式、

が含まれます。

当サイトの場合だと、「https://satoshi-nkzt.com/」から「https://」と最後の「/」を除いた、「satoshi-nkzt.com」で登録します。

 

URL プレフィックス プロパティ

Search Consoleの従来の登録方法です。
DNS設定ができないサーバーはこの方法で登録できます。

URLプレフィックスのひとり舞台

 

Search Console に登録する

ドメイン プロパティでの登録は、Xサーバーの場合で説明しています。

DNS設定ができないサーバーを利用している方は、URL プレフィックス プロパティで登録するへ進んでください。

ドメイン プロパティで登録する

ドメインの「https://」か「http://」を除いた部分を入力して、「続行」をクリック。

ドメインプロパティを続行

 

「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」というダイアログボックスが開きます。
XサーバーでDNS設定を行うときにTXTレコードをコピーして使うので、このダイアログボックスは開いたままにしておきます。

確認ボタンを押すまでの作業の順序。

DNSレコードでのドメイン所有権確認の作業順序画像

 

1. Xserverにログインしてドメインを選択

Xserverにログインして「サーバー管理」をクリックします。

Xserverのサーバー管理

 

左メニュー下の「設定対象ドメイン」から、Search Consoleに登録するドメインを選択して、「設定する」をクリック。

Xサーバーの設定対象ドメインを設定する

 

右上の「設定対象ドメイン」の表示を確認しておきましょう。

Xserverの現在の設定対象ドメインを確認

 

2. TXTレコードをDNS設定にコピーする

「ドメイン」の「DNSレコード設定」を選択。

XserverでDNSレコード設定を選択

 

「DNSレコード追加」をクリック。

DNSレコード追加を選択

 

2か所を選択・入力します。
種別→「TXT」を選択。

内容→先ほどのダイアログボックスのこの部分をコピーペーストで貼り付けます。

TXTレコードをコピー

 

「確認画面へ進む」をクリック。

TXTと内容の確認画面へ進む

 

「追加する」をクリック。

DNSレコードを追加する

 

この表示が出たら、XサーバーでのDNS設定は完了です。

DNSレコードの追加が完了

 

3. 所有権の確認を行う

Search Consoleのダイアログボックスに戻って、「確認」をクリック。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

 

「所有権を確認しました」の表示が出たら「プロパティに移動」をクリック。

所有権を確認 プロパティに移動

 

「開始」をクリック。

新しいドメインプロパティへようこそ

 

「OK」をクリック。

サマリーのOK

 

この画面からSearch Consoleの設定を行っていきます。

GoogleSearchConsoleのサマリー

 

以上で、ドメイン プロパティでの登録は完了です。

 

URL プレフィックス プロパティで登録する

DNS設定ができないサーバーを利用している方は、この方法でSearch Consoleに登録してください。

URLの全体を入力して、「続行」をクリック。

URLプレフィックスを続行

 

「所有権の確認」というダイアログボックスが現れるので、「おすすめの確認方法」を選択。
画像の番号順に作業をします。

所有権の確認の作業順序

ダイアログボックスは開いたままにしておいてください。

 

1. HTMLファイルをダウンロードする

「ファイルをダウンロード」の矢印部分をクリック。

HTMLファイルをダウンロード

 

「ファイルを保存する」を選択して「OK」をクリック。

HTMLファイルをデスクトップに保存する

 

デスクトップ上にHTMLファイルが保存されました。

デスクトップ上のアイコン

 

2. HTMLファイルをサーバーにアップロードする

Xserverにログインして、「ファイル管理」を選択します。

Xserverのファイル管理にログイン

 

Search Consoleに登録するドメインを選択します。

XserverのFTP

 

「public_html」を選択。

Xserverのpublic_html

 

右サイドの「ファイルのアップロード」から「ファイルを選択」をクリック。

Xサーバーでファイルを選択

 

先ほど、デスクトップ上に保存したHTMLファイルを選択します。

デスクトップからHTMLファイルを選択

 

下の「アップロード」をクリック。

ファイルをアップロード

 

これでHTMLファイルのアップロードが完了です。
(デスクトップ上のHTMLファイルは削除しても大丈夫です)

 

3. 所有権を確認する

ダイアログボックスへ戻って「確認」をクリック。

所有権の確認ボタンを押す

 

所有権が確認できました!
次は「プロパティに移動」をクリック。

所有権を確認 プロパティに移動

 

「開始」をクリック。

新しいドメインプロパティへようこそ

 

「OK」をクリック。
(たびたび開きますが、すべてOKで問題ありません)

サマリーのOK

 

この画面からSearch Consoleの設定を行っていきます。

GoogleSearchConsoleのサマリー

 

以上で、URL プレフィックス プロパティでの登録は完了です。

 

Search Consoleの開き方

Search Consoleの登録がやっと終わって、ホッとひと息。
「あ、どうやってまた開くんだっけ?」
とならないように、手っ取り早いSearch Consoleの開き方、を書いておきます。

必要ない方はスルーしてくださいね。

1. Gmailにログインしておく。
Googleアカウントでログインするのとまったく同じ意味です。

2. 「サーチコンソール」で検索する。
当たり前のように1位にいるので、「Google Search Console」をクリック。

GoogleSearchConsoleを検索で探す

 

もし、この画面が出たら、「今すぐ開始」をクリック。

今すぐ開始

 

で、すんなりSearch Consoleの画面が表示されます。

サーチコンソールの管理画面

 

それでは、サイトマップの登録へと進んでいきましょう。

 

サイトマップを登録する

ドメイン プロパティで登録した場合

Search Consoleの画面の左上のプルダウンから、目的のドメインを選択。
(ドメインの登録が1個だけならもう表示されています)

サーチコンソールのプロパティ表示

 

「サイトマップ」をクリック。

サーチコンソールのサイトマップを選択

 

右側に、
https://○○.com
https://www.○○.com
http://○○.com
http://www.○○.com
という4つの形式のURLが並んでいます。

 

その中で、自分が登録したURLに「sitemap.xml」をつけて、
自分が登録したURL/sitemap.xml
というURL形式にして、

新しいサイトマップの追加

 

「新しいサイトマップの追加」に入力 → 「送信」
という作業を行います。

 

例としてやってみましょう。
「https://○○.com/sitemap.xml」の形を入力して「送信」をクリック。

新しいサイトマップの追加を送信

 

「OK」をクリック。

差異をマップを送信しましたをOK

 

いま「送信」したURL形式をクリック。

送信されたサイトマップをクリック

 

この画像が上に現れるので、「サイトマップを開く」をクリック。

サイトマップを開く

 

これがXML Sitemapです。

XML Sitemap の表示

 

以上で、ドメイン プロパティで登録した場合のサイトマップの設定は完了です。
(ほかの3つのURLに関しては何もしません)

 

URL プレフィックス プロパティで登録した場合

該当ドメインを表示させて、「サイトマップ」をクリック。

サイトマップから新しいサイトマップへ矢印

 

「新しいサイトマップ」に「sitemap.xml」を追記して「送信」をクリック。

sitemap.xml を送信

 

「OK」をクリック。

差異をマップを送信しましたをOK

 

「/sitemap.xml」をクリック。

/sitemap.xml をクリック

 

上に現れた「サイトマップを開く」をクリック。

/sitemap.xml のサイトマップを開く

 

XML Sitemap Indexの画面が現れます。

XML Sitemap Index の表示

 

以上で、URL プレフィックス プロパティで登録した場合のサイトマップの設定は完了です。

 

Search Consoleのプロパティの追加と削除

プロパティを追加する

プロパティの追加はとても簡単。
左上、現在表示されているプロパティ名か三角のあたりをクリック。

プロパティとサマリー

 

「+プロパティを追加」をクリック。

⊕プロパティを追加

 

再びプロパティ選択画面現れるので、上の説明を参考に、同じ作業を繰り返してプロパティを追加していきます。

プロパティタイプの選択

 

プロパティを削除する

プロパティを削除する場合は、以下をしっかり確認してから行ってくださいね。

プロパティを削除すると次のような結果になります。
・プロパティ リストにプロパティが表示されなくなります。
・プロパティに関するメッセージが送信されなくなります。
・プロパティに関する情報がすべて表示されなくなります。また、プロパティ設定にアクセスできなくなります。
・プロパティのメッセージ履歴は保持されます。
・削除されたユーザーのプロパティの確認履歴は 18 か月後に削除されます。

Search Console ヘルプ

 

削除するプロパティを表示させて、「設定」をクリック。

メニューから設定を選択

 

「プロパティを削除」をクリック。

プロパティを削除

 

「本当に消しちゃってイイんですか?」というメッセージを確認して、再度「プロパティを削除」をクリック。

確認してプロパティを削除

これでプロパティが削除されました。

 

まとめ

今回の作業を振り返ってみましょう。

・Search Console の登録は2種類ある。
 -ドメイン プロパティ
 -URL プレフィックス プロパティ

・Search Console の登録方法の説明
 -ドメイン プロパティで登録する
 -URL プレフィックス プロパティで登録する

Search Consoleの開き方

サイトマップを登録する
 -ドメイン プロパティで登録した場合
 -URL プレフィックス プロパティで登録した場合

Search Consoleのロパティの追加と削除
 -プロパティを追加する
 -プロパティを削除する

以上で、Search Consoleの基本は理解できると思います。

ただ、Search Consoleは、「Googleアナリティクスと2本柱で使われる」というSEO最強コンビの一角を担っています。

サイト運営に必須のツールであることは間違いないので、あなた流のサーチコンソールの使い方をぜひ構築してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.