ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

Google XML Sitemaps の設定【2019】|サイトの知名度を加速

Sato
WRITER
 
「Google XML Sitemaps」とロボット
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

プラグイン『Google XML Sitemaps』を設定すると、あなたのWordPressサイトのXMLサイトマップを自動で作成してGoogleに知らせてくれます。

サイトマップとは、サイト上のページや動画などのファイルについての情報や、各ファイルの関係を伝えるファイルです。Google などの検索エンジンは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。サイトマップはサイト内のどのファイルが重要かをクローラに伝えるだけでなく、重要なファイルについての貴重な情報(ページの最終更新日、ページの変更回数、すべての代替言語ページなど)も提供します。

Search Console ヘルプ
サイトマップは2種類ある

HTMLサイトマップ
サイトの訪問者にサイト構成を見せる。
文字通りサイトの案内図。

XMLサイトマップ
検索エンジンに新規投稿や更新を知らせる。

この記事で扱うのはXMLサイトマップです。

XMLサイトマップとは?何ができる?
  • 検索エンジンにサイト情報を伝えるファイル。
  • 設置すると、検索エンジンが効率的にサイト情報を集められる。
  • SEO効果がある。

 

『Google XML Sitemaps』をインストールする

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」と進んで、
「プラグインの検索」に「Google XML Sitemaps」と入力、

「Google XML Sitemaps」を検索

 

「今すぐインストール」→「有効化」を実行。

「Google XML Sitemaps」を今すぐインストール

 

ダッシュボードの「プラグイン」に「Google XML Sitemaps」が表示されます。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の表示

 

『Google XML Sitemaps』を設定する

ダッシュボードのメニューから、「設定」→「XML-Sitemap」を選択。

ダッスバーのメニューで「Google XML Sitemaps」を選択

 

項目は7つありますが、1つを確認、5つを設定していきます。
(チェックと選択だけで完了するので、安心して進めてくださいね)
・基本的な設定
・投稿の優先順位
・Sitemap コンテンツ
・Excluded Items
・Change Frequencies
・優先順位の設定 (priority)

 

基本的な設定(確認のみ)

最初の3つにチェックが入っているのを確認します。
(抜けているのがあったら3つにチェックを入れてください)

「Google XML Sitemaps」の基本的な設定
Notify Google about updates of your site
サイトの更新についてGoogleに通知する

Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
サイトの更新についてBing(旧MSN Live Search)に通知する

サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝える

 

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れます。

「Google XML Sitemaps」の投稿の優先順位

優先順位については、最後に設定します。

 

Sitemap コンテンツ

「カテゴリーページを含める」に追加でチェックを入れる。

「Google XML Sitemaps」の「Sitemap コンテンツ」

 

Excluded Items

カテゴリー「未分類」を検索エンジンに知らせたくないときは、チェックを入れておきましょう。

「Google XML Sitemaps」の「Excluded Items」

 

Change Frequencies

画像のように設定しておいて、内容がわかってきたところで調整していくといいでしょう。基本的には、このままで問題ないと思います。

「Google XML Sitemaps」の「Change Frequencies」

 

優先順位の設定 (priority)

画像のように設定しておいて、内容がわかってきたところで調整していくといいでしょう。基本的には、このままで問題ないと思います。

「Google XML Sitemaps」の「優先順位の設定」

 

最期に、一番下の「設定を更新」をクリックして完了です。

「Google XML Sitemaps」の「設定を更新」

 

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL

「設定を更新」をクリックした後で上にスクロールすると、こんな表示が出ていて、自分のXMLサイトマップのURLが表示されています。

「Google XML Sitemaps」のXMLサイトマップURL

XMLサイトマップのURL
サイトのURL/sitemap.xml


自分のXMLサイトマップのURLをクリックすると、このように表示されます。

「Google XML Sitemaps」の「XML Sitemap Index」の表示

作業の結果、たどり着けた画像です。
プチ達成感をじんわり味わってくださいね♪

ここまでで、『Google XML Sitemaps』の設定はひとまず完了ですが、自分の知識が付いてきたら、ぜひ自分なりの設定も考えてみてください。

 

まとめ

はい、おつかれ様でした。
今回の作業をちょっと振り返ってみましょう。

以下の6つの項目について設定してきました。
・基本的な設定
・投稿の優先順位
・Sitemap コンテンツ
・Excluded Items
・Change Frequencies
・優先順位の設定 (priority)

XMLサイトマップのURLが、
サイトのURL/sitemap.xml
という形式になるのは覚えておいてくださいね。

『Google XML Sitemaps』の設定が完了したところで、
次は、『Google Search Console』を登録・設定して、XMLサイトマップと関連付けていきましょう。

楽しみながら♪
作業を進めていきましょう!

ビールで乾杯 横200px

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.