沖縄の農業が儲かる超具体的なハナシ|インターネット活用で6次産業化を目指す

沖縄の農業がもっと儲かるといいな。
本気で考えながらこの記事を書きました。

インターネットを活用すれば、生産農家が直接販売を手掛けることも可能な時代。
それが農業の6次産業化です。

スポンサーリンク

6次産業化とは?

簡単にいうと『産業の掛け算』です。
第1次産業 自然から資源を採取 → 農業は育てて収穫
第2次産業 加工・生産 → 収穫=製品
第3次産業 流通・販売 → 売る

『1×2×3=6』という意味での『6』です。

第1次~第3次産業までを掛け算するとどうなるか?
作って、売る、までを全部やっちゃいます。

できる訳ないでしょ!って思いましたか?
それがね、出来るんです。

誰でもできます(と私は思っております)が、現実にはやる人が少ない。
少ない理由はぜんぜん大したことではありません。

詳しく解説していくので、最後まで読み進めてくださいね。

 

インターネットの活用で沖縄の農業の可能性が広がる

これから紹介する内容は、沖縄の農業に限ったことではありません。すべてにおいて使える手法です。

僕はウチナンチュ。沖縄の人が豊かになって欲しい。そして多くのウチナンチュがこの方法を実践して欲しい。

そんな気持ちで書いています。

まず、Twitterとブログを連携させる

ヒヨコは卵の殻を内側から割って出てきます。ヒヨコのくちばしの先端がもっと鋭利なら、卵は早く割れます。

鋭利な先端になってくれるのがTwitterです。
Twitterは制限文字数が140文字。コツは必要ですが、ストレスなく書ける文字数です。

Twitterからブログへと誘導します。
ブログは何文字でも書けるので、詳しく伝えるにはブログです。

Twitterから直接販売。
Twitterからブログへ誘導して販売。
2つの集客ルートを使って効率的に販売できます。

マーケットは全国へ

インターネットの広がりを活かせば、市場は全国へと広がります。
保存のきく商品なら、世界も視野に入ります。

流通の手配まで完了したら、収穫した作物や完成した製品の出荷準備を整えて回収を待つだけ。
自宅から配達先まで、日本全国&世界のどこでも、流通業者が運んでくれます。

 

スポンサーリンク

売れるはずなのに売ることが出来ない現状

出来ない理由はクリアで単純です。
私の知っている限りでは、実践する人が少ない。

おそらくですが、自分には無理じゃないか、というのが先に立ってしまうんでしょうね。

インターネットを利用してモノを売る手法というのは、自分で調べながら学んでいくのが基本です。
学歴や年齢ではありません。必要なのはやる気だけです。

知らない世界が怖い

日本におけるインターネットの歴史は30年余り。
30年前なら、インターネットで稼ぐ仕組みはまだなかったでしょう。

でも30年の間にインターネットが生活に深く浸透し、ビジネスの新しい形態を作り出しました。

PCは普及し、今やスマホがメインの時代。SNSもみんな普通にやっています。やらない人が少数なくらい、みんなインターネットに関わっています。

ネットに乗せれば伝わる、という状況が整いました。
ネットに乗せて紹介すれば、欲しい人がオンラインで購入してくれます。

でも新しい世界は怖い。先が見えないから。
わかりますよ。

でもね、続けることさえできたら大丈夫。
「なんくるないさ」で始めましょう。だんだん覚えていけます。先の先が見えるようになります。

勉強するのが面倒くさいタイプは無理です

インターネットでビジネスを展開するというのは、覚えることがたくさんあります。
用語、ツールやサービスの使い方、文章を書く(商品紹介など)、など。

勉強に終わりはありません。
今回紹介している勉強は、学校の勉強とはまったくの別物。

勉強の先に、自分が作った農作物・製品の販売実現があります。収入確保=安堵、があります。
自分の生活のためにインターネットビジネスを勉強するんです。

副産物として、時代に追い付いている満足感がもれなく付いてきます。
楽しいですよ。

「学校の勉強は苦手だったさァ。」な人にもぜひ挑戦してほしいです。

 

インターネットをどう利用するのか?

なんで私が強めに書いてるかというと、すでにネットに乗せて稼いでる人がいっぱいいるのです。前例なんて冷蔵庫に入らないくらいある。

こちらの実例を読んでみてください。

落ち葉で「年間2億6000万円稼ぐ」徳島企業の実態
人口1500人弱の町で生まれた意外なビジネス
山奥の田舎で落ち葉で稼ぐ

引用元:東洋経済オンライン

インターネットを利用するとこうなるんですね。

「あの人たちだからできたんだよ。」
よく聞かされる言葉です。よく口にする人がいます。

この言葉の裏に面倒くさい気持ちが隠れているのがわかりますか?
そんなことを言って尻込みしてるからできないのですよ。

Twitterでチラっと予告

まずはTwitterから始めてみましょう。
Twitterは140文字という制限があります。140文字だからやりやすい。

140文字で詳細に伝えるのは難しいので、興味付け(集客)として利用します。

『きょうの朝ごはんは自分で作った野菜を使ったサラダボウル。季節の野菜だから栄養満点。取れたてのシャキシャキ感が最高。ポイントは…』
みたいな感じで書く。

ここで自分の商品(野菜)に興味付ける。
興味を持った人はブログに飛んでくれます。

ブログで詳細を紹介

Twitterと並行してブログも始めます。

ブログを始めるには、
・ドメインを取得する
・レンタルサーバーを借りる
・WordPressをインストールする
などの作業をこなさなくてはなりません。

おっと、ここで面倒くさいなんて思わないことです。
ネットで販売してる人は、この面倒くさい作業を乗り越えて運営を始め、実際に収益をあげています。

WordPressの設定まで完了したら、記事を書きます。

最初からブログが上手に書ける人なんていません。
ここは繰り返しで覚えていきます。やれば慣れます。とにかくやる!この勢いが大事です。

ブログは何文字でも書けるので、詳細に伝えられます。

朝食のサラダボウルに使った野菜の名前、どんな味がするのか、どうやって育てたのか、育て方のコツ、美味しい食べ方、料理法、など。現場の声を記事にして紹介していきます。

オンラインで決済する

ネットで売るとなると、どうやって代金を回収するの?
というのも気になりますよね。

オンライン決済という便利な方法があります。

オンライン決済
クレジットカード決済、電子マネー決済、キャリア決済(お財布携帯)、コンビニ決済、後払い決済、代引き決済、など、多様な決済方式があって、決済サービスを提供している会社を利用することもできます。

自分で動く、自分で調べる、がネットビジネスの基本です。

教えてもらう、という気持ちが強いとなかなか進めません。
自分で調べながら、教えてもらいながら、というバランスで考えてください。

検索すれば(ググる)、大概のことは自分で解決できます。
自分で調べて進むと、だんだん自信も湧いてきます。

 

ネットで稼いでリアルでも稼ぐ

ネットで稼ぐのを実践すると、だんだんマーケティングが分かってきます。
マーケティングとは、簡単に言っちゃうと、『どうやって購入にこぎつけるか?』を知ることです。
答えは一つではありません。

ブログを書いて、マーケティングを知ると、対面で商品説明をしながら売ることも出来るようになります。

中間マージンがカットされる

今までの農業なら、野菜を収穫したら仲買業者が引き取りに来るのを待つ。もしくはJAに持って行く。という形が多かったことでしょう。今もそうだよ、という人もいるでしょう。

中間マージンを払って専門の業者に売ってもらう、という流れです。

これからは違います。
あなたが直接、消費者に向けて販売します。よって、中間マージンはかかりません。今までかかっていた中間マージンも利益になります。

 

私が楽観的に夢を語っていると思いますか?

ここまで読んできて、いかがでしょうか。
私が空想を語っているようにみえますか?

野菜のネット販売は全国的に行われています。
売り方を模索して、ネット販売に辿り着き、さらに模索しながら6次産業化を成し遂げた。
そんな印象が強いです。

やる人はやっている、ということです。

機は十分に熟しています

デスクトップ→ラップトップ→タブレット・スマホ
というように、デバイスも変化を遂げながら、全国的にインターネットが行き渡っています。

スマホは小さいからほ、とんどの人が持ち歩いています。

ネットに乗せれば、多くの人の目に触れることができる時代。
インフラは整いました。その気にさえなれば今からネットビジネスに着手できます。

「あ、この沖縄の野菜、美味しそう。」
「本場のゴーヤー食べてみようか。」
そんな流れからの購入がある時代です。

勉強しないと置いていかれるよ

「他の人がやってるみたいだからウチは無理さァ…」
とかね。それがいかんのですよ。

まずは始めてください。

「はっさ、どんなしてやる訳?」なんて言ってる場合じゃない。
走りながら考える、です。

Twitterのアカウントを作って、ブログを用意して、記事を書きながら、どんな記事を書いたらいいのか、模索しながら、

・自分が作ってる作物で何が出来るか
・加工(保存食など)ないか
・美容に使えないか
・あの県のあの名物料理に合うんじゃないか

いろいろ考えながら進めるんです。考えながら、進めるんです。
実現するまでは、みーんな模索してるはずです。稼ぎながらも模索してるはずです。

 

沖縄の農業が儲かるためのネットビジネスを構築しよう

私は楽観主義の変態ではありません。(笑)
きわめて現実的なことを言っています。出来ることを言っています。

何をどうしたら良いのかサッパリわからない。
誰かに聞きたいけど、聞ける人がいない。

どうぞ遠慮なく私に聞いてください。
お問い合わせからメールを送ってください。

この記事のココがよく分からなかったよ、でもかまいません。
遠慮なく質問してください。

沖縄の農業が儲かって欲しい。
心から真剣にそう思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
おすすめの記事