ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

沖縄でほぼ確実に稼ぐ方法【副業からのブログ構築】

Sato
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

ご訪問いただきまして、まことに有難うございます!
このページでは、沖縄で稼ぐ方法を本気で紹介します。

この方法で結果を出すために必要なものは5つ。

インターネット環境
勉強
継続
結果が出るまでのガマン
2万円ていどの投資(ドメイン&レンタルサーバーの代金)

まったくの初心者さんでも出来ます。
ぜひ実行してモノになっていただきたいと心から思います。

毎日が確実に楽しくなっていくお話なので、ぜひぜひ読み進めてみてください。

この記事を読んでほしい人
  • 沖縄で稼ぐ方法がゼッタイあるはず!と信じている。
  • 自分の趣味や特技を活かして稼ぎたい。
  • 夢のある将来を築きたい。

 

沖縄で稼ぐならフリーランスでブログ構築、という方法がベスト

全国的に人件費が安いことで知られている沖縄県。

そこでオススメしたいのが、ブログ構築でフリーランス(個人事業主)になる、という選択。
最初は「アドセンス」というので稼いでいきます。

パート並みに稼げたらいい
給料レベルは稼ぎたい
給料以上に稼ぐようになりたい!
アドセンスだけで収益を大きくしていくことも可能なので、頑張りしだいで大きな目標額もクリアできます。

まずは副業としてスタートする

ブログで稼ぐことは出来ますが、それまでは生活を維持しなくてはならないので、副業という形でブログ構築をスタートしましょう。

間違っても、「おっしゃ、ブログ構築に集中して短期で稼ぐぞ!」なノリで仕事を辞めてから、なんて選択はしないでね。

ブログ構築は覚えることが多く、自分の中に落とし込むまで意外と時間がかかります。
加えて目標の額を稼ぐようになるまでの時間も必要です。

 

目指せ1記事2000文字の20記事

ブログの記事書きに慣れていない人は、1記事500~1000文字ていどで10記事程度を書いてみましょう。

あるていど慣れたところで、1記事2000文字の20記事を目標に書きましょう。

「そんな簡単に言われても困る。そもそもブログの記事ってどう書いたらいいの?」と不安に思った方も安心してください。

この記事の最後に、ブログ構築の方法を詳しく解説したページへのリンクを用意してあります。

アドセンスに申請しよう

1記事2000文字、20記事を書いたら、アドセンスに申請しましょう。

アドセンスとは?
Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス。
初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。

~Wikipedia~

1記事2000文字20記事というのは、アドセンスの審査に通過するための目安となるコンテンツの量、と考えてください。

 

アドセンスの審査通過後はブログ育成に集中して収益を増やす

アドセンスは、ブログの記事に合わせた広告を自動的に配置して表示させてくれます。
自分で広告を決めたりしなくてもいいので、初心さんもラクに始めることが出来るんです。

広告がクリックされると収益が発生する、というのがアドセンスのシステムです。
1クリック当たりの収益は少額ですが、クリック数が多くなると収益も大きくなります。

ただ、適当に記事を書くのはヤメましょう。
記事の構成を考えて、どう書いたら読み手に伝わるか、というのを常に考えるようにしてください。
必ず読み手に響く記事が書けるようになります。

 

クラウドソーシングでライティングの修行をしてみる

クラウドソーシングというのは、仕事を頼みたい人と仕事をしたい人をつなぐサイトの総称。
記事を書くのに慣れてきたところで、武者修行のつもりで挑戦してみるのもいい刺激になります。

人気のクラウドソーシング(いずれも無料で登録できます)
クラウドワークス
ランサーズ
ココナラ

でも、クラウドソーシングであるていど体験したら、自分の記事を書くことに集中することをオススメします。

ー私の体験ー
私がブログを始めた頃、某有力アフィリエイターさんが記事を書いてくれる人を募集していたので、勉強のつもりで、確か2000文字500円(安っ!)くらいで書いていた時期があります。

何記事か書いたところで、「自分のブログの記事を増やした方が絶対イイ!」って気がついて、他人の記事を書くのは卒業しました。

 

ブログで稼ぐまでのハードル(デメリットではないと思う)

ハードルというよりは、稼ぐ知識とノウハウを身につけるための訓練、だとワタクシ個人的には解釈しています。

稼ぐまで時間がかかる

ブログというのは、記事を書いて、検索ロボット(Googleのクローラー)が見に来て、それから検索上に反映される、という流れになっています。

ひとつひとつの記事がこのプロセスを経ていくので時間がかかります。

でも、記事を書き続けていればコツがわかってきて、検索上位(1ページ目)に上がる記事が必ず現れます。
なので、「自分の記事が検索上位に上がれるのだろうか?」って不安にならないでね。

上位記事が増えるほどアドセンス収益が入ってきます。

 

覚えることがたくさんある

ブログ構築を始めるといろいろな用語が出てきます。

収益がまだ見えてないのにやる事だけはてんこ盛り、っていうのはなかなかキツい状況でありまして、ここで多くの人が脱落していくのですが…、

あなただけは!
「現在進行形でブログの専門家に向かって成長してる!」という気持ちで頑張り粘ってほしいなと思います。

ひとつのブログで稼ぐようになれた=必要なことは覚えた
このレベルになると誰かに教える(有料)ことも出来るので、ブログからの収益とは別にもう一つの収入の道が開けます。

頑張る人にはイイことが待ってるんだよねー♪

 

2万円ほど初期投資が必要

当サイト推奨のブログ構築法は、レンタルサーバーを借りて、ドメインを取得して、WordPressで展開するという、約2万円の初期投資が必要になる方法です。

レンタルサーバーはエックスサーバーを推奨しています。

エックスサーバーは(エックスサーバーを使い続けるという条件付きで)ドメインが無料になるキャンペーンを継続的にやっているので、お得に始められます。

無料ブログじゃダメなの?と思った方はこの記事を読んでみてください。

 

沖縄でブログ構築という方法で稼ぐメリット

わずらわしい職場から自由な世界へ

あの先輩には言いにくい、だったら自分でやろう、な感じで仕事の効率が落ちるのがちょっと…。
きょうは職場の飲み会だけど、気が進まないなァ…。

会社勤めっていろいろありますよねー。

ブログが稼ぐようになったら、会社勤めやパート勤めを卒業して、また新たなブログの立ち上げに集中するなど、好きなスタイルで働くことが出来ます。

ニッチな需要を攻められる

ニッチな需要、というのはいろいろ分野にあります。
大事なのは、その分野を知っている人なら、「何がニッチなのか?」に気づくいてニッチブログが作れる、ということ。

年齢別に分ける
性別で分ける
地域で特色を出す
ニッチの分類法はいろいろあると思います。
あなたがブログテーマにしようと考えた分野で、あなたの分類法でニッチを探してみてください。

実はこのブログもニッチを攻めています。
(何がニッチなのかはナイショだよ 笑)

 

ブログ構築はメリットがゼッタイ大きいと思う

ブログ構築にハードルはあってもデメリットは無い、と私は思っています。

ハードルは壁とも取れますが、フィルターとしても働きます。
ブログ構築はやる事が多い→面倒だからやらない→ライバルが減る
2万円かかる→もったいないからやらない→ライバルが減る

ハードルに負けないで継続さえできれば、必ず光が見えてきます。

「ブログ構築?イマやらんでいつやるべき!」
って川満しぇんしぇーが言うかもしれないよ。

興味が出てきた!という人は、ブログ構築を詳しく解説したページを用意してあるので、チャレンジしてみてくださいね。

 

まとめ

ブログ構築にこんなのは無関係ですよ。
学校の勉強は成績が悪かった
中卒で就職した
パソコンは苦手

決心ひとつですべてひっくり返せます。

質問がある方は「お問い合わせ」から気軽にどうぞ。
出し惜しみせず明確にお答えします。

自分のペースでコツコツ継続してみてください。
収益が発生するまでガマンできたら、「まさかや!」の嬉しいステキな世界が待っています。

「まさかや!」世界に向かって今すぐ行動しよう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.