ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

PS Auto Sitemap の設定|サイト構成を可視化してガイドする

Sato
WRITER
 
PS Auto Sitemap の記事のキャッチアイ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

PS Auto Sitemap を設定すると、カテゴリーや記事タイトルを一覧で表示するサイトマップというのを自動で作ってくれます。

PS Auto Sitemap は、カテゴリーの新規設定・編集、記事の新規投稿・編集など、すべて自動で追加・調整してくれるというナイスなプラグインです。

PS Auto Sitemap と Google XML Sitemaps の違い
PS Auto Sitemap → サイト訪問者に見てもらう
Google XML Sitemaps → 検索エンジン(クローラー)に知らせる
PS Auto Sitemap ってどんなプラグイン?
  • サイトの骨組みを専用ページで可視化する。
  • サイト全体を内部リンクでつなぐのでSEO効果が期待できる。
  • サイト運営者自身が確認するのにも便利。

 

PS Auto Sitemap をイントールして有効化する

WordPressにログイン「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」と進んで、
「プラグインの検索」に「PS Auto Sitemap」と入力。

PS Auto Sitemap を新規プラグインで検索

 

表示されたプラグインからPS Auto Sitemapを探して、
「今すぐインストール」→「有効化」の順に実行。

PS Auto Sitemap を今すぐインストール

 

サイトマップ表示用の固定ページを用意する

ダッシュボードのメニューから、「固定ページ」→「新規追加」を選択。

固定ページを新規追加

 

ここは「Classic Editor」で説明しておきます。
タイトル → 「サイトマップ」と入力。

固定ページにサイトマップを設定する

 

記事部分の「テキスト入力画面」を開いて、
<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>
という文字列(コード)を入力します。

PS Auto Sitemap のコードを入力する

 

タイトル下のパーマリンクの「編集」をクリック。

パーマリンクを sitemap にする

 

「sitemap」と入力して「OK」をクリック。

siteemap の OK

 

右サイドメニューの「公開」をクリック。

サイトマップページを公開する

サイトマップ表示用の固定ページの用意が完了しました。

 

PS Auto Sitemap 準備と設定

サイトマップページの記事のIDを確認する


サイトマップ表示用固定ページの記事のIDを入力しなくてはならないので、先に、記事のIDを調べます。

「ダッシュボード」→「固定ページ」→「固定ページ一覧」と進んで、
「サイトマップ」の上にカーソルをおくと、画面の一番下にリンクアドレスが表示されます。

記事のIDを画面下に表示させる

 

リンクのアドレスはこんな形式になっています。
トップページのURL/wp-admin/post.php?post=19&action=edit
文字列の中の、「post=」と「&action」の間の数字が記事のIDです。

記事IDの確認画像

この場合は「19」になるので、「サイトマップを表示する記事」の右の空欄に「19」と入力します。

 

PS Auto Sitemap の設定

記事のIDがわかれば設定はとても簡単。
「ダッシュボード」→「設定」→「PS Auto Sitemap」を選択します。

PS Auto Sitemap の設定画面を表示させる

 

「サイトマップを表示する記事」の右の空欄に、記事のID「19」を入力して、「変更を保存」で完了です。

PS Auto Sitemap を設定して「変更を保存」

 

PS Auto Sitemap の表示

当サイトのサイトマップ画像。

サイトマップの表示

(デザインは「スタイルなし(デフォルト)」を選択しています)

 

スタイルの変更方法

サイトマップのデザインは14種類から選べます。
「スタイルの変更」でプルダウンを表示させて、適当なのを選んだら「変更を保存」をクリック。

スタイルの変更 メニューを選択して「変更を保存」

サイトマップのページを更新(F5キーを押す)して、デザインを確認します。

 

WordPressテーマのデザインと合わせて、“見やすさ”を重視するのが一番いいでしょう。
ここは時間をかけるところではないので、サッサと決めて先へ進みましょう。

 

まとめ

ブログは、時系列で記事が上に積み上がっていくので、古い記事がだんだん下に隠れてしまうというデメリットがあります。

サイトマップがあると、訪問者が興味のあるカテゴリーから記事を見つけてくれたりします。
これは、PS Auto Sitemapがカテゴリー別に自動で記事を整理してくれてるから。

PS Auto Sitemap 2つのメリット
訪問者が知りたい情報にたどり着きやすい。
記事を自動的にカテゴリー別に振り分けてくれる。

充実したコンテンツを増やして、PS Auto Sitemapにもサイトマップページにも大いに活躍してもらいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.