ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

WordPressはメリットが大きいのでデメリットが霞んで見える

Sato
WRITER
 
前方遥かにWのロゴ
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

WordPressを知るには、まずはメリットとデメリットからということで、WordPressのメリットとデメリットについてまとめました。

「WordPressってすごい苦いんでしょ?ワタシ食べれないよ~…」なんてね、“食わず嫌いな壁”を勝手に作ってしまっている人もけっこういるとは思いますが…

WordPressはそんなに難しいものではなくて、コツコツ勉強してノウハウを積み上げる気持ちさえあれば、誰でも使いこなせるようになります。

この記事を読んでほしい人
  • 無料ブログかWordPressかで迷っている。
  • WordPressのメリットとデメリットを知りたい。
  • WordPressは自分には無理じゃないかと思っている。

 

この記事のもくじ

メリット1 WordPressの最大メリットはサイト構築が簡単なこと

ワードプレスのメリットのひとつが、HTMLやCSSの知識がなくてもサイトを構築できること。

使い慣れるまで時間がかかるだけです

WordPressは、その気になれば初心者さんでも比較的早く使えるようになる、CMSの一種です。
ワードプレスは世界でダントツ人気のCMSです。

CMSとは?
『Contents Management System』の略。
HTMLやCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステム。
引用:SEO HACKS

無料ブログもCMSなので、無料ブログをやっていた人なら、WordPressに対しての抵抗は少ないと思います。

 

ワードプレスを使えるまでに覚えることは3つ

まず以下の3つをこなさなくてはいけません。

  • レンタルサーバーを借りる(有料)
  • 独自ドメインを取る(有料)
  • ワードプレスをインストールする
この3つを完了すると、あなたのWordPressがウェブ上で運営できる状態になります。

初めての人はハードルが高いと感じるかもしれませんが、一通り実践したら慣れるので、その後は普通にできるようになります。

無料ブログのようにページの作成・更新ができる

WordPressの記事の投稿に関しては無料ブログの感覚で出来ます。
そもそも、無料ブログもWordPressもHTML形式でやっているので、使用感覚はほとんど同じなのです。

文字の拡大・装飾、画像の貼り付けなど、無料ブログをやった経験のある人なら、直感的に使えます。

「そうか、無料ブログでWordPressの練習をしていたのか!」と思ってもぜんぜん間違いではありません。

 

メリット2 テンプレート(WordPressテーマ)が豊富

WordPress用のテンプレートは「WordPressテーマ」と呼ばれます。

無料から有料まで、日本製から海外製まで、多種多様のWordPressテーマが世界中で作られては紹介されています。

おすすめは日本製の有料テンプレート
英語圏のWordPressテーマは日本人には馴染めないものが多いので、日本人向けにサイトを運営するのでしたら、日本語向けにデザインされているWordPressテーマを導入しましょう。

日本製のWordPressテーマもいろいろ用意されていて、ファッション、旅館、レストランなど、サイトの方向に合わせたデザインを選ぶことができます。

 

メリット3 情報が多いのでググればほとんど解決できる

WordPressの世界シェアは、この記事を書いている時点で約32%。
これは他のCMSの追随を許さないダントツの数字です。

世界中に利用者がいて、歴史も長いので、ネット上にはWordPressの情報が必要十分に公開されています。
(英語のWordPress情報サイトはGoogle翻訳を利用しましょう)

例えば、「データベース」という言葉の意味がわからなかったら…
『データベースとは』で検索すると、データベースについて説明したサイトがズラッと出てきます。
※知らない○○があったら、『○○とは』という形で調べるのが検索のコツです。

いくつか目を通して、ある程度理解出来たらサッサと次へ進みましょう。
一発で覚えなくては!などと思わないで、「忘れたらまた調べる」意識でやると、あまりストレスを感じないで進めていけます。

WordPressの勉強にハマッちゃダメだよ!
WordPressは追求すると奥が深いので、WordPressをイジるのにハマッてしまうと膨大な時間を費やすことになってしまうので気を付けてくださいね。
おせっかいだとは思いますが、必要な個所が検索で解決出来たら、真ん中の道に戻って自分のサイトを育てることに注力しましょう。

 

メリット4 プラグインで機能を拡張できる

WordPressには、「プラグイン」という心強い味方があります。
プラグインをインストールすることで、自分のWordPressサイトに様々な機能を持たせることが出来ます。

例えていうと、プラグインはマジンガーZのジェットスクランダーのようなもの。
マジンガーZは、ジェットスクランダーを背中に装着することで空を飛べるようになります。(この例え、オジさん世代ならわかると思うんだけどなぁ)

プラグインは管理画面から簡単に無料で追加できる

ほとんどのプラグインは無料で使えます。

プラグインの導入は、WordPressのプラグイン新規追加画面から、
必要なプラグインを検索→インストール→有効化
という手順で行います。

 

プラグインで出来ること。

  • 自動で記事に目次を設置 → Table of Contents Plus 【TOC+】
  • 問い合わせフォームの設置 → Contact Form 7
  • アクセス解析機能を組み込む → All In One SEO Pack
  • SEO対策 → All In One SEO Pack
  • FacebookやTwitter、Instagramと連携 → Jetpack by WordPress.com
  • スパムコメントを自動で弾く → Akismet
プラグインを入れ過ぎるとサイトが重くなる
ジェットスクランダーその他を体にガシガシ装着していくと、マジンガーZは体が重くなってキレ悪くなる、そんな理屈です。
プラグインは最高に便利な機能なのですが、入れ過ぎるとサイトが重くなるというデメリットがあります。

プラグインをいろいろ味わってみることも大切

WordPressを覚え始めの頃は、プラグインが面白くていろいろインストールしてみたくなります。
まぁこれはねー、みんな通る道なので、入れたいプラグインをガシガシ入れて味わってみて、

そのうち、「使いづらい」とか、「そんなに便利だとは思えない」とか、自分なりの物差しが出来たときに、不要だと思うのは削除していくとイイでしょう。

 

メリット5 WordPressはSEO対策に有効

WordPressは、クローラーが巡回し易いHTML構造になっているなど、デフォルトでSEO対策が効いています。

SEOとは?
”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。
引用:SEO HACK

 

SEOを強化してくれるプラグインも豊富
代表的なのが『All in One SEO Pack』というプラグイン(コレは必須!)で、記事ごとに説明(description)を入れられるなど、検索画面上で訪問者の関心を引きつける効果が得られます。

「検索画面上で訪問者の関心を引きつける」とは?
検索結果のページには、記事タイトルの下に、その記事の説明(description)が表示されます。
検索してきた人は、タイトルの次に記事の説明を見るので、訪問者の興味を引き付けるような説明が書けると、サイトへの誘導率が高くなります。

 

神様GoogleもWordPressがSEOに適していると明言

「それ知ってるよ」な方も多いかとは思いますが、Google様のポリシーに従わないと検索上位に上がることはできまテン。

神様Googleの検索エンジン担当のエラい人、マット・カッツ氏がWordPressを使うことを推奨しています。

神様の中のモロ担当者が言っているのですから、WordPressを使わない手はありません。
いやさ!もう使うしかない!!という状況なんですよー。

 

メリット6 管理や引き継ぎが楽

ネット環境さえ整っていれば、WordPressは楽に効率よく管理できます。

  • 出張先でも更新できる
  • 担当者が変わっても引き継ぎが早い
  • お互いに離れている場所であっても内容の確認が可能

電話をかける手間さえ省けてしまうのです。
こんな時代になるなんてねー、技術ってスゴイっす!!!

 

更新や修正など、自分(自社)で管理できる

コンテンツの追加やリライトなどの編集、記事の投稿など、いつどこにいてもサッサと自分で出来ちゃいます。

業者さんに依頼すると、料金発生、時間がかかった、なんて事もあるのですが、自分で管理できるWordPressはコストも時間も節約してくれます。

管理者の引き継ぎや複数管理が可能

複数の人間で運営しているワードプレスサイトも増えています。

例えば旅行サイト
ログイン情報さえ共有しておけば、それぞれが旅先で原稿を書いて、現地に居ながらにしてホットな旅行記をアップロードできます。
シズル感あふれる旅行記なんて、旅好きには最高ですよね。

『大きなプロジェクトを複数で分担して、つなげて完成させる』ということも可能です。
みんなが離れた場所にいても完成できちゃう!って、ステキじゃあーりませんか!

 

メリット7 WordPressのデメリットが無料ブログのデメリットをカバーする

前の記事で無料ブログのデメリットについて書きましたが、

ワードプレスはこれらのデメリットを帳消しにしてくれます。

 

利用規約に縛られないから頑張れる

無料ブログの場合は、「無料ブログサービス側が貼る広告を消してはならない」などの規約がありました。

自分の店内で一番イイ場所を取られちゃう規約なんて言語道断横断歩道!
独自ドメインで展開するワードプレスならこんな規約に縛られることはありません。

いかにして商品の良さを知ってもらうか、純粋100%に自分の利益を追求しながら、ブログ構築に集中できます。

 

カスタマイズ・デザインの自由度が高い

有料になりますが、豊富なWordPressテーマから、整体院、飲食業、税理士など、それぞれのビジネスに合わせたワードプレステーマを選ぶことができます。

さらに、HTMLやCSSを使いこなせるようになると、ショートコードと合わせて、個性的にデザインをカスタマイズできます。
まるで雑誌!のようなサイトにすることも出来ますよ。

最近のワードプレステーマは基本的にレスポンシブデザインなので、タブレットで見ても、スマホで見ても、最適な形で表示されるようになりました。

レスポンシブデザインとは?
PC、タブレット、スマホ、それぞれのデバイスに適した形に、配置や大きさを自動的に変えて表示してくれる。
Googleが推奨しているのでSEO効果が高い。

 

自分だけの資産になる

無料ブログの場合は、自分のブログが人気ブログに成長したとしても、運営側がトップドメインを所有しているため、その恩恵はすべて無料ブログの運営側に取られてしまうという大きなデメリットがありました。

これではいくら頑張っても資産ブログにすることは出来ません。

独自ドメインで運営するワードプレスは違います。
トップドメインの所有者はあなた(→ココすごく大事です!)なので、多くの訪問者が訪れるようになると、それに比例してドメインに力を蓄えることができます。
ヤッホゥ♪なんと素晴らしいことでしょう!!!

ドメインに力が付くと、投稿した記事が検索上に現れるのが早くなり、上位表示の可能性もアップします。
あなたのワードプレスサイトは、確かな資産へと成長していくのです。

 

デメリット1 ページの読み込み速度が遅い

サイトには、静的ページと動的ページという2種類があります。

静的ページ
作成したページをそのまま表示させる仕組みになっていて、HTMLサイトがこの仕組み。

動的ページ
必要なデータを取りに行って表示させるという仕組み。
データを取りに行く、という仕事が加わるので、HTMLサイトに比べて表示が遅くなる。

WordPressは動的ページで構成されています。

アクセスがあるたびに、記事のタイトルや本文、コメントなどの情報をデータベースまで取りに行くため、必要なパーツが揃うまで時間がかかります。

『これが欲しいんだけど。』とお客さんが来て、「あ、すぐお持ちしますので、少々お待ちください。」という流れになるのでちょっと待たされるんですね。

 

デメリット2 本体・テーマ・プラグインの互換性エラーがある

WordPress本体、WordPressテーマ、WordPressプラグイン、それぞれにバージョンというものがあります。

この3つは開発者が違うため、バージョンアップのタイミングが揃わないのが普通なので、互換性エラー(=使えなくなる)が発生することがあります。

この場合、互換性エラーが解消されるまで待つ以外に方法はありません。
特に、WordPress本体の大きなバージョンアップの時などは、すぐに更新したりしないで様子を見ましょう。

WordPress本体の大きなバージョンアップ
まさに現在がWordPress本体の大きなバージョンアップ(WordPress 4.x.x から WordPress 5.x.x へ)のタイミングになっていて、記事投稿画面(=ビジュアルエディター)が大きく様変わりしています。

WordPress 5.x.xのビジュアルエディターは Gutenberg(グーテンベルク)と呼ばれています。
いずれは使い方を覚えなくてはならないものなので名前を覚えておいてくださいね。

「え、なに?」な方はひとまずここはスルーしていただいて、ある程度WordPressを覚えた頃に、もう一度読み返すと理解できると思います。

WordPress自体が常に開発途上にあるので、お勉強も動的&柔軟にやっていきましょう。

 

デメリット3 セキュリティー面については理解が必要

WordPressは利用者に取ってもメリットが大きいので、世界の32%もの人が利用しているのですが…

利用人口が膨大なため世界中のハッカーに狙われやすい、という人気者のマイナス宿命みたいなものを表裏一体で背負っています。

でも、これは決してWordPressがセキュリティーに弱いということでも、WordPressでサイトを作ったらヤバい、ということでもありません。

ハッキングというのはどのようなシステムでもあり得ます。
世界の32%が集まるなら何か盗める、そんな考えのハッカー野郎たちがアタックを仕掛けてくるので、常に気を配る必要があるのです。

大事なのは、自分の大切なサイトは自分で守る、という意識を持つことです。
「どんな設定をすべきなのか?」
「どんなプラグインがあるのか?」
「プラグインの設定方法は?」
などの情報については自分で調べて、あなたのWordPressサイトをハッカーから守ってください。
(WordPressのセキュリティ対策については別記事で紹介します)

 

ブルートフォースアタックに備える『SiteGuard WP Plugin』

ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)
暗号や暗証番号などで、理論的にありうるパターン全てを入力し解読する暗号解読法。
人間による操作では、とても気が遠くなるほどの時間と、肉体的・精神的な負荷がかかるような回数の計算をコンピュータにまかせ、時間の許す限りパスワードの検証等を行う行為。

人間が手作業で行った場合、入力が速い人が行ったところでとてつもなく膨大な時間と労力が掛かる事となるが、単純なコンピュータプログラムで自動化する事が可能であり、またコンピュータはそのような繰り返しの作業において、非常に有効に機能する。
引用:Wikipedia

ログイン情報を簡単に読み取らせないように、
・『SiteGuard WP Plugin』というプラグインをインストールして、ログインURLを変更したり、ログイン時に画像認証を導入する。
・パスワードの桁数を多くする。
・パスワードに特殊文字も入れる。

といった対策を行うことが必要になります。

複雑なパスワードを設定したときは、万が一自分が忘れてしまっても大丈夫なように、エクセルなどに整理・保存しておきましょう。
忘れ対策もセキュリティの一環です。

※プラグインは、WordPressの管理画面から新規追加で検索できるものを導入するようにしましょう。

 

極細デメリット1 独自ドメインのWordPressは費用がかかる

ここから「極細デメリット」になりますが、「極細デメリット」としたのは、WordPressでサイトを構築しようと決めた人なら、“必要な作業”という認識なので、デメリットと考えないからです。

WordPressを使うには、独自ドメインとPHPと、データベース(MySQL)が使えるレンタルサーバーを用意しなくてはなりません。
(独自ドメインとレンタルサーバーは料金が発生します)

独自ドメインの価格例
バリュードメインでの「.com」の通常価格 1,382円(税込み)
※キャンペーン価格で安くなる場合も多いです。

レンタルサーバーの価格例
エックスサーバーのX10プラン、契約期間12ヵ月の場合
初年度 16,200円(税込み、初期費用3,000円を含む)
更新 12,960円(税込み)

『エックスサーバー』の詳細はこちらからご確認ください。
↓  ↓  ↓  

 

極細デメリット2 初めは誰も来てくれない

無料ブログの場合はトップドメインの後ろ盾があったので、検索に反映されるのが早かったのですが、立ち上げたばかりのあなたのWordPressはまったくの無名です。
検索上にもまだ現れていないので誰も来てくれません。

ここが、ブログを始めて一番キツいところです。
対策はただひとつ、検索されるレベルに成長するまでセッセと記事を増やす、という地道な作業を続けましょう。

必要な作業量さえこなせば、必ず日の目を見る瞬間が訪れます。
この段階は、忍耐と継続とド根性で乗り切るしかありません。

 

0を1にする修行を頑張れないと道は開かない

さて、いつ検索上に現れるのか?というと…

これにはどうしても個人差というものがあります。

記事の内容もあるし、記事をアップするペースもあるし…
かと思うと、思いがけず早くヒョコッと検索にかかったり…

ひとつだけ確実なことがあって、
コツコツ継続できる人は必ず検索エンジン(=グーグル)に評価されます。

キーワードというものを知り、キーワードを反映させた記事の書き方を覚え、記事を増やし、自分自身も成長を重ねながら、一見単調な作業を続けていることが出来れば、

徐々に徐々に効果が現れて、記事の内容から検索エンジンがサイトの方向を理解して、やがて自分の書いた記事が検索上に反映されるようになります。

現在、検索上位に記事が表示されている人たちは、この苦しい時期を乗り切って0を1にしたのです。
きっとアナタにも出来る!と信じて、ぜひとも検索上位に躍り出てください!

 

極細デメリット3 WordPressの用語や使い方に慣れる必要がある

カタカナ、アルファベット、数字、漢字、いろいろな組み合わせの用語が出てきます。
「WordPressはデータベースから引っ張ってくる?」
「PHP?の推奨バージョン?」
「テーマのバージョン?」
「MySQL?のパスワード?」

「ログインでパスワード入れたのに、またパスワードって何?!」な極細パニックな状態に陥ったりもします。

パスワードを2回入れるのはそれだけ厳重に守られているからです。
カギは1個より2個の方は安全度が高くなるからね、な感じで、自分が覚えやすいように自己解釈も含めつつ、自分の脳を慣らしていきましょう。

 

システムもプラグインもバージョンアップがある

WordPressのシステムも、プラグインも、日々開発が進められておりまして、特にプラグインはなかなかの頻度でバージョンアップがあります。

更新はタイミングによっては面倒に感じるときもありますが、見方を変えると、バージョンアップがあるということは「開発者がキメの細かいサービスを提供してくれている」ということでもあります。

このようなサービスがあって、WordPressは最新の健全な状態に保たれているのです。
管理画面に更新(バージョンアップ)情報が届いたら、感謝の気持ちで受け取りましょう。

※ただし、WordPress本体のメジャーアップデートなどは、半年様子を見るとか、時間をおいてから、他のユーザーさんの感想なども参考にしつつ、自分が更新するタイミングを計りましょう。

メジャーアップデートとは?
「WorPress 4.9.9」⇒「WordPress 5.0.0」
のように、一番左の数字が変わる(4→5)ようなアップデートだと覚えておいてください。

なぜタイミングを計るのか?
WordPressはシステムとプラグインで互換性があって、システムだけバージョンアップしてもプラグインがまだバージョンアップしていないとか、互換性が機能していないことがあります。
こうなると自分の作業に支障が出てしまうので、互換性の足並みが揃うタイミングまで待ちましょう。

 

極細デメリット4 自己管理の部分が大きい

無料ブログのデメリット
一等地に勝手に広告を貼られる
予告なく凍結・削除されることがある
サービス停止の可能性がある
禁止事項など規約が多い
アドセンスの審査が通らない(独自ドメインは申請可)
誰かがヤラかしたら連帯責任
WordPressは無料ブログのこんなデメリットをすべてひっくり返してくれます。

無料ブログの縛りから解放されたということは、自分で管理をしなくてはならない部分が増えるということでもあります。

自由と自己管理(=責任)って表裏一体なのですね。
子供の頃、親にも同じようなこと言われたような気がする。

 

集客力のあるデザインにするにはスキルが必要

トップページは、

・2カラムか3カラムで、
・画像を使って、
・カテゴリ別に記事のリンクを貼る
といった「まとめページ(サイト観光のバスガイドだと思ってください)」の形にすると、埋もれてしまった過去記事も読んでもらえます。

これって、Googleにも評価されるし、訪問者にもサイトオーナーにもウィンウィンなステキ~!な構造なんですよ♪

難しさの裏にSEO効果絶大という大きなメリット、という表裏一体がここにもあるんですねー。

この「まとめページ」、有料のWordPressテーマの多くに標準装備されているショートコードというのを使うと、意外と簡単に作ることが出来ます。

 

自分で調べ(ググる)なくてはならない

WordPressを始めたばかりの頃は、「いちいち人にも聞けない、でもわからない、どうしよう?」なことが、次から次と高速回転ずしの勢いで出てきます。

「子テーマ?」
「プラグイン?」
「PHPって、松下幸之助のあの本じゃないの?」
もうこんなのがゾーロゾロ!

こんなときに大きな助けになってくれるのが、ネット上の情報です。
「○○とは」で検索して、バンバン情報を拾って、「?」をひとつずつ潰していきましょう。

人間は同じところに疑問を感じるので、高い確率で検索で解決していけます。
調べたことはメモしたり、ノートにまとめたりして、あとで見返せるようにしておきましょう。

悩んでいるときは自分自身も確実に成長しているので、イライラしたり焦ったりしないで、落ち着いて進めていこうね。

 

WordPressのSEO対策は自分でやる

スパム対策、アクセス解析の設置、その他SEOに関することもすべて自分でやることになります。

と書いたからって、ここで不安になったりしないでくださいね。
続けてさえいれば出来ることなので、粛々と積み上げていきましょう。

WordPressのSEO対策はプラグインを活用するのがほとんどです。
スパム対策なら⇒『Akismet』
アクセス解析の設置、SEO対策なら⇒『All In One SEO Pack』
この2つはプラグインの中でも定番中の定番です。

設定も自分で行わなくてはなりません。→ 検索したらダイジョブだよ!
プラグインの設定については、検索の練習を兼ねて、「○○とは」とか、「○○ 使い方」などで検索して自分で調べてみてくださいね。

 

【まとめ】ブログ構築はWordPress一択の時代

ここまで、メリット7つ、デメリット3つ、極細デメリット4つ、をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

WordPressが無料ブログのデメリットを帳消しにした、っていうのは画期的なことです。

無料ブログのデメリット
一等地に勝手に広告を貼られる
予告なく凍結・削除されることがある
サービス停止の可能性がある
禁止事項など規約が多い
アドセンスの審査が通らない(独自ドメインなら申請可)
誰かがヤラかしたら連帯責任

覚えることが多いっていうのは、面倒に感じる人も多い中で、頑張ってやりこなせば確実に差をつけられるということでもあります。
そんな視点で考えると、上で紹介した極細デメリットはきれいに消えます。

ブログ構築を目指すなら、これからは間違いなくWordPress一択の時代です。

無料ブログでけっこうな記事数があるという方でも、いち早くWordPressに引っ越すことを優先すべきです。
というか、迷ってる場合ではないですよ。

それでは、楽しみながらコツコツとブログを育てていきましょう。
もちろんWordPressでネ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.