ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

WordPressテーマ無料おすすめ3選、限りなく有料レベル

Sato
WRITER
 
無料WordPressテーマのアイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

無料WordPressテーマのおすすめを3つ紹介します。
この記事はWordPress初心者さん向けに書いています。

なぜ無料WordPressテーマをお勧めするのか?

予め用意されているデフォルトのテーマがダサ過ぎる
お金をかけずにカスタマイズを体験できる
見栄えもダントツいい

という3つの理由からです。

それぞれのおすすめ無料WordPressテーマについて、トップページと記事表示ページを画像で紹介するので、直感的に気に入ったものを使ってみてください。

この記事はこんな人にオススメ
  • 無料のWordPressテーマでイケてるものを探している
  • お金をかけるならWordPressのカスタマイズまで理解してから
  • WordPressテーマを買うべきか、自分の中で判断できる基準が欲しい

 

無料WordPressテーマおすすめ3つ

お勧めのWordPressテーマ3つの名前がそれぞれ、
coon(コクーン)
Simplicity2(シンプリシティ2)
Giraffe(ジラーフ)

この順で紹介していきます。

すべてのテーマが、レスポンシブ、内部SEO最適化、SNSと連携、など、標準的な機能は搭載しています。(※紹介画像内のアイキャッチは私が入れたものです)

親テーマと子テーマをそれぞれ(デスクトップに)ダウンロードします。
いずれも「zipファイル」という形式になっています。

 

Cocoon(コクーン)

トップページ

Cocoonトップページ

 

記事ページ

Cocoon記事ページ

 

>>Cocoonのダウンロードページ

 

※ダウンロードページ冒頭に、ダウンロードと紛らわしいヤヤこしい画像が表示されるかも知れないので、それは無視。
『親テーマのダウンロード』、『子テーマのダウンロード』、という見出しのところからそれぞれダウンロードしてください。

 

Simplicity2(シンプリシティ2)

トップページ

Simplicity2 トップページ

 

記事ページ

Simplicity2 記事ページ

 

>>Simplicity2のダウンロードページ

右サイドのバナーから、『Simplicity2』と『Simplicity2 子テーマ』をダウンロードします。

Simplicity2 ダウンロードバナー

※「スキンのダウンロード」
これはデザインに関するものなので、WordPressを使い慣れたころにやってみるとイイと思います。

 

Giraffe(ジラーフ)

トップページ

Giraffeトップページ

 

記事ページ

Giraffe記事ページ

(プロフィール画像は、表示例として私のを使っています)

 

>>Giraffeのダウンロードページ

>>Giraffeの使い方

 

無料WordPressテーマおすすめ3選をインストール&アップロード

無料WordPressテーマも、有料WordPressテーマも、

  • 親テーマと子テーマを「zipファイル形式」でダウンロードする
  • 「zipファイル形式」のままアップロードする
  • 子テーマを有効化する

というのが、現在のWordPressテーマの扱い方の主流になっています。

子テーマを有効化する意味

頻度の違いはありますが、ほとんどのWordPressには「更新」というのがあります。

親テーマでカスタマイズを行うと、更新のときに、カスタマイズ情報ごと更新ファイルと入れ替わってしまいます。

子テーマは更新の影響を受けないので、子テーマを有効化してカスタマイズ情報を残すのです。

 

無料WordPressテーマをアップロードする

『Cocoon』で説明します。
あとの2つ(Simplicity2、Giraffe)もやり方は同じです。

WordPressのダッシュボードから、「外観」→「テーマ」を選択して、「新規追加」をクリック。

WordPressテーマ新規追加

 

さらに「テーマのアップロード」をクリック。

WordPress テーマのアップロード

 

現れた「ファイルを選択」をクリック。

WordPressテーマ ファイルを選択

 

次に現れた画面の「デスクトップ」を選択。

デスクトップを指定する

 

右の画像の中から、『cocoon-master-1.6.9.zip』(これが親テーマです)をクリック。

デスクトップから親テーマを選択

 

画面が切り替わるので、ファイル名を確認して、「今すぐインストール」をクリック。

ファイル名を確認してインストール

 

「テーマのインストールが完了しました。」と表示されるのを確認してください。

テーマのインストール完了を確認

 

もう一度、「外観」→「テーマ」→「新規追加」を選択して、

WordPressテーマ新規追加

 

まったく同じ手順で、『cocoon-child-master-1.0.6.zip』(これが子テーマです)をインストールします。

WordPress デスクトップから子テーマを選択

 

ここまで完了すると、「外観」→「テーマ」で開いた画面に、
『Cocoon』(親テーマ)と『Cocoon Child』(子テーマ)が表示されます。

Cocoon のテーマ画像

 

表示された「子テーマ」の上にカーソルを置いて「有効化」します。

Cocoon 子テーマを有効化する

以上でWordPressテーマの設定は完了です。
「child」が付いた方を有効化する、と覚えておいてくださいね。

 

イチオシは『Giraffe』

見た目、扱いやすさ、この2点から当サイトでは『Giraffe』をお勧めします。
『Giraffe』を使用する時は、『Cocoon』と同じ手順で、『giraffe-child』を有効化してください。

Girrafe 子テーマを有効化する

 

『Giraffe』の製作者は松原潤一さんです。
潤一さんは『SEAL ver.1.5』の製作者でもあります。

『Giraffe』の扱いに慣れると、製作者が同じなので、有料テーマ『SEAL ver.1.5』への移行をスムーズに進めることができます。

 

【こうやるんだよ、な予備知識】Cocoonカスタマイズの一部を紹介

『Cocoon』を例に、カスタマイズのやり方をちょっとだけ紹介しておきますね。
ただ、ここは「すぐやりましょう」ということではなく、こんなふうにやるんだなと、という確認程度にとどめておいて下さい。

では、いってみましょう。

『Cocoon』の子テーマを有効化したあと、左メニューから、「外観」→「カスタマイズ」を開きます。

外観からカスタマイズを選択

 

これは「カスタマイザー」と呼ばれていて、無料有料を含めて、ほかのWordPressテーマでも現在はほぼこの形式でカスタマイズを行います。
「カスタマイザー」の「追加CSS」を開きます。

カスタマイザーの追加cssを開く

 

文章部分を閉じて、

カスタマイザーの説明文を閉じる

 

左側は、追加CSSのソースを入力する部分。
右側は、追加CSS入力後の変化(カスタマイズのプレビュー)を表示します。

カスタマイザーの領域説明

 

それでは、「追加CSS」に以下のソースを入力してみましょう。

/*■—————-
フォント設定
—————-■*/
* {
font-family:”メイリオ” , “游ゴシック” , “Yu Gothic” , “游ゴシック体” , “YuGothic” , “ヒラギノ角ゴ Pro W3” , “Hiragino Kaku Gothic Pro” , “Meiryo UI” , Meiryo , “MS Pゴシック” , “MS PGothic” , sans-serif;
}

/*■———————-
フォントサイズ設定
———————-■*/
p {
font-size: 18px;
}

 

画像ではわかりにくいですが、入力後、実際の画面では右側のプレビューが変化しています。

追加cssにソースを入力

そのまま上の「公開」ボタンを押すと、サイトの表示に反映されます。

 

フォント設定
「font-family:」の右側に並んでるフォントスタイルのうち、一番左に来たものが優先的に表示されます。
上の例では「メイリオ」が表示されるようになっています。

「游ゴシック」で表示させたいときは「游ゴシック」を先頭にします。

フォントサイズ設定
上の例では18pxというサイズで表示されます。
いろいろ数字を変えて試してみてください。

 

WordPress初心者はカスタマイズに時間をかけてはいけない

WordPressテーマのカスタマイズは、htmlやcss(すべてお約束の文字列)をどれだけ知っているか、ということにも左右されます。

必要なのは「時間」と「繰り返せる忍耐力」。
本を買ったり、検索で調べたり、時間をかけて少しずつ積み上げていくのが効率的です。

まる1日とかをかけて、ガッと覚えられるものではありません。

ウマい楽な方法なんてない
必要な時間はかけるべき

自然の法則に逆らうのも時間のムダ。
焦らずじっくり構えてください。

キーワードに沿った記事が書けるようになった
アクセスが集まるようになった

という段階まできたところでカスタマイズを覚える、という流れで問題ありません。

 

まとめ

デフォルトのテーマがダサ過ぎる、という理由で、おすすめのWordPress無料テーマを3つ紹介しました。

Cocoon(コクーン)
もっとも多機能。
多機能なぶん覚えることが多くて、使いこなすのに時間がかかる。

Simplicity2(シンプリシティ2)
シンプル過ぎる、気がします。

Giraffe(ジラーフ)
使い勝手
見た目
カスタマイズのしやすさ

3点で比較して、これが一番バランスが取れていると思うので、当サイト管理人イチオシ!でオススメします。

どのテーマを選択するにしても、そのまま使い続けてもオッケーですよ。
実際、ここで紹介した無料WordPressテーマを使っている人は多いです。

やるべきことは先にやって、サイトの育成を効率的に進めていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.