ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

WordPressのパーマリンクは「投稿名」で英数表記がベストな理由

Sato
WRITER
 
ゴリラと美女
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

この記事では、WordPressのパーマリンクを「投稿名」に設定することを推奨しています。

なぜ投稿名なのか?
そんな疑問を解消しつつ、確かめながら読んでみてください。

この記事はこんな人に読んでほしい
  • WordPress 始めたばっかなのにパーマリンクって何?
  • わかりやすいURLにしたい
  • のちのち面倒な作業に時間を取られたくない

 

WordPressのパーマリンクとは?

パーマリンクとは、
ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。そういう訳で、「perma」リンクといいます。

WordPress Codex 日本語版

はい、パーマリンクっていうのは、URLのことなんです。
WordPress で作ったサイトのURLをどんな表示にするか、というのをパーマリンク設定で決めます。

逆の言い方をすると、WordPressは、ページのURLをサイト管理人が決められる、という自由度の高さがあります。

 

パーマリンクの仕組み

世界のウェブサイトは今やGoogleによって完全に管理されています。
そして、GoogleはサイトのURLをこのように考えている。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。
     ~中略~
URL では区切り記号を使うと効果的です。
http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、
http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

シンプルな URL 構造を維持する

この表記の中にURLのすべてがある、と言ってもいいでしょう。

単語を使う
単語が複数ならハイフン(-)で区切る

というURL構造にするとGoogleにも評価される、ということです。

パーマリンクは「投稿名」がベストな選択、ってピン!ときますよね。

 

WordPressパーマリンクのデフォルトの初期設定はなぜダメなのか?

WordPressのパーマリンク設定は、共通設定として6つ用意されています。

  1. 基本
  2. 日付と投稿名
  3. 月と投稿名
  4. 数字ベース
  5. 投稿名
  6. カスタム構造

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で
というのがGoogleの望む方向です。
この視点で、上のパーマリンク設定6項目を見てましょう。

基本
「?p=記事ID(数字)」という表現だと、URLから記事を理解することはできません。

日付と投稿名、月と投稿名、数字ベース
日付や月名、数字が入っても、URLから記事を理解することはできません。

投稿名
投稿名にキーワードを含めると、おおよその記事の内容がわかります。

カスタム構造
日本語だと表記が長くなり、タグを多く利用するほど URL が長くなります。
長いURLはシンプルさを求めるGoogleに逆行しています。

「投稿名」以外のパーマリンクを続けているとどうなるのか?
次でみていきましょう。

 

WordPress初心者あるある、パーマリンク設定の失敗例

途中で気づいてパーマリンク設定の投稿名に変えた場合、それ以前の記事のURLがすべて変わることになります。

URLが変わるというのは、現実世界でいうと住所変更と同じ。
郵便局へ行って郵便物の転送手配、みたいなこと(WordPressでは、リダイレクト、といいます)をしなくてはなりません。

転送っていうのは、元住所と新住所を把握していないと無理。
パーマリンク変更以前の URL をどこかに記録保存してあればまだ大丈夫なのですが、それがないとほぼお手上げになってしまいます。
キャッシュを利用する手もアリですが、完全復活は難しいでしょう。

リダイレクトというのは、記事数の分だけ手作業をしなくてはなりません。
300記事とかあったら、けっこうなダメージです。

要するに時間がかかるのです。

 

近い将来のために2つのプラグインを知っておきましょう

WordPressサイトを運営していると、ジャンル分けしたくなる時があります。

例えば、料理サイトを運営、“作る編”と“食べる編”をひとつのサイトで書いていて、記事数が増えて2つに分けたくなった場合。(これはよくあるパターンなんです)

“食べる編”のWordPressサイトを新たに作るとしましょう。

こんな場合、WordPressのプラグインが2つのことをやってくれます。
1. SNSのシェアカウント数を新しいサイトへ引き継ぐ
プラグイン『SNS Count Cache』

2. 記事を新サイトへリダイレクトさせる
プラグイン『Simple 301 Redirects』
但し、いちいち手動で設定することになります。
※検索順位に変動があることを理解(≒覚悟)して使いましょう

 

日本語パーマリンクのデメリットを知っておこう

日本語をURLに表示させるのに、エンコード変換というのが行われて、WordPressに読み取らせるのですが、日本語のエンコード変換はメッチャ長くて意味不明な記号が並びます。

「http://example.com/京都旅行の想い出」
とサイト上では読み取れたとしても、

WordPress内では、

京都旅行の想い出

%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%AE%E6%83%B3%E3%81%84%E5%87%BA

というエンコード返還が行われていて、

コピペすると、こんな文字列のURLになります。

http://example.com/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%AE%E6%83%B3%E3%81%84%E5%87%BA」

すごく長いし、メニューバーに入って初めて日本語で表示される、っていうのもやっかいなところです。
リンクを貼るときも、この長い URL を使うことになります。

Twitter はエンコードをURLとして認識しないので、リンク先に飛ぶことができません。
ひところ持てはやされた日本語URLですが、WordPressに限ってはお勧めしたくないです。

 

WordPressパーマリンクをなぜ「投稿名」にするのか?

パーマリンクの投稿名表示には2パターンがあります。

パターン1 カテゴリーを含まない
http://example.com/投稿名

パターン2 カテゴリーを含む→これはオススメしません
http://example.com/カテゴリー名/投稿名

 

カテゴリーを含むパーマリンクをオススメしない理由は2つ

カテゴリーを変えると URL が変わってしまう
自分のサイトを充実させるためにカテゴリーを変えたくなる可能性が高い

カテゴリーを変えたくなるっていうのは、必然的にそうなる、と言い切ってもいいくらい頻繁に起こり得ます。

WordPress運営に慣れてきて、見通しが開けてくると、サイトの構成を自然と考えるようになって、この記事は「WordPress」より「ライティング」のカテゴリーの方がいいな、みたいな感じ。

パーマリンクに縛られて記事のカテゴリーを変えられない、とならないためにも、カテゴリーをURLに含めるのは避けてほしいところです。

ということで、WordPressのURLは、
http://example.com/投稿名
という形がお勧めです。

 

【作業】WordPressのパーマリンクを投稿名に設定する

設定はめっちゃ簡単です。
「ダッシュボード」→「設定」→「パーマリンク設定」→「投稿名」にチェック

パーマリンク設定は投稿名

下までスクロールして「変更を保存」をクリックして完了。
簡単すぎてゴメンね、ってか。

 

【作業】パーマリンクを投稿名で表示させる手順

ここの作業は、WordPressの新エディター『Gutenberg』で説明します。
(Gutenbergは今から慣れるようにした方がベターだと思います)

「ダッシュボード」→「投稿」→「新規追加」でGutenbergを開く。

投稿を新規追加

 

タイトルを追加、と書かれたところに「パーマリンクを投稿名で設定する」というタイトルを入れて、右上の「下書きとして保存」をクリック。

Gutenbergで新規投稿

 

右サイドメニュー・パーマリンクの中、URLの下に、「パーマリンクを投稿名で設定する」と書かれた欄が現れるので、投稿名を入力します。

投稿名の文字列の入力

 

投稿名を入力する前に 、投稿名の英語バージョンを作りましょう。

まず、記事タイトル「パーマリンクを投稿名で設定する」のキーワードは、『パーマリンク,投稿名,設定』と3語が考えられるので、これを英語に変換することにします。

パーマリンク → permalink
投稿名 → postname
設定 → setting

となるので、この3つの英単語をハイフン(-)でつないで、『permalink-postname-setting』という投稿名を作ります。

 

先ほどの欄に入力して、「下書きとして保存」をクリック。
URLに『permalink-postname-setting』が入力されて、プレビューに投稿名が反映されているのを確認したら、「下書きとして保存」をクリック。

パーマリンクを決定

これで、投稿名のパーマリンクは完了です。

この作業は、記事の新規投稿とセットでやらなくてはならないので、忘れないようにしてくださいね。
慣れてくると当たり前の習慣になりますよ。

もしこれが長いと感じたなら、個人的には『prmlnk-toko-settei』というのもアリだと思います。
このあたりはご自分の判断で臨機応変にやってください。

パーマリンク設定のポイントは3つ!
1.テーマに関連する英単語(もしくはローマ字)
2.単語はハイフンでつなぐ
3.長すぎないシンプルな構造に

 

英語表記にはGoogle翻訳を活用しよう

Google翻訳を開いて、『パーマリンク,投稿名,設定』を入力するとこんなふうに英語で表示してくれるので、

投稿名を英単語にする

右の英単語をコピペして、ハイフン(-)でつないでください。

『post-name』→『postname』
といった書き換えも工夫しつつやってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.