ブログ構築のご相談はお気軽にどうぞ♪

ブログ構築はデジタルマーケティングのはじまり

Xserver の独自SSL 設定と WordPressのインストールをシンプルに図解

Sato
WRITER
 
地球と文字httpsの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

次の手順で説明していきます。

1. Xserver の独自SSL(無料で利用可)機能を使って、新規で取得した独自ドメインを SSL化(「https://~」という URL で表示されるようにする)する。

2. WordPress をインストールして、「https://~」と表示させるための設定(これはとても簡単)を、WordPress の管理画面内で行う。

3. 「h.access」というファイルを編集して、リダイレクト設定を行う。

 

Xserver で独自SSL を設定する

SSL化することを、常時SSL化、と言ったりもするのですが、要するに、すべてのページを「https://~」で表示させるということです。

なぜ SSL化するのか?
セキュリティを高める、ページ表示速度の向上が期待できる、Googleの評価が違ってくる、アクセス解析の結果を正確に得られる、などの理由が挙げられます。

サイト(ブログ)運営のマイナスにならないために SSL化する、と考えてください。

では、いきましょう。

インフォパネルにログインして、「サーバー管理」を選択。

Xserverの「サーバー管理」に入る画像

 

左サイドバーから、目的のドメインを表示させて「設定する」をクリック。

ドメイン名を確認して設定する

 

「ドメイン」の「SSL設定」をクリック。

SSL設定に進む

 

SSL設定内の「独自SSL設定追加」をクリック。

独自SSL設定追加を選択

 

表示ドメインを確認して「追加する」をクリック。

ドメイン名を確認して「追加する」を選択

 

一瞬この表示が現れて、

SSL新規取得申請中

 

この表示に切り替わります。

SSL設定の反映、今しばらくお待ちください。

これで新規ドメインの SSL化は完了です。

1時間経っても「https://~」で表示されないときは、「F5」キー(更新)を押してみてください。
表示を確認できたら、WordPress をインストールしましょう。

 

WordPress をインストールする

「WordPress」の「WordPress簡単インストール」をクリック。

WordPress簡単インストール

 

「ドメイン選択画面」で、該当ドメインの「選択する」をクリック。

WordPressをインストールするドメインを選択

(初めてのドメインなら、ドメイン名の表示は、サーバードメインと合わせて2行になっているはずです。)

 

「WordPress簡単インストール」のページに変わったら、「WordPressインストール」をクリック。

WordPressインストール

 

画像を参考に、必要事項(ブログ名、ユーザ名、パスワード)を記入。
「キャッシュ自動削除」と「データベース」はそのままでOK。

WordPress簡単インストール画面の入力

記入したら、「確認画面へ進む」をクリック。

 

内容を確認したら、「インストールする」をクリック。
インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。
という赤い文字は気にしなくても大丈夫です。)

WordPress簡単インストールする

 

30秒程度でこの表示に切り替わります。

WordPressのログイン情報

これがあなたの WordPress のログイン情報になるので、大事に保存しておきましょう。

 

あなたの WordPress にログインして「https://~」を設定する

あなたの WordPress にログインします。
ログインURL をクリックして、

あなたのWordPressにログイン

先ほどの ID と PASSWORD を入力(コピペが確実ですよ)して、ログインをクリック。

 

はい、あなたの WordPress の管理画面が開きましたね。
おめでとうございます!

WordPressのダッシュボード

この画面は「ダッシュボード」と呼ばれるので覚えておきましょう。
WordPress テーマやプラグインのインストール・設定など、いろいろな操作をこの画面から行っていきます。
(「WordPress へようこそ!」と「個人データとプライバシー」は非表示にしてもオッケーです)

 

そのまま、左サイドバーの「設定」→「一般」を開きます。

設定の一般へ

 

2か所を http:// → https:// に書き換えて、一番下の「変更を保存」をクリック。

WordPressのURLをhttpsに書き換える

これで WordPress での「https://~」設定は完了です。

 

.htaccessファイルを編集してリダイレクト設定を行う

なぜリダイレクトさせるのか、については次で詳しく説明しているので、ここでは作業を先に終わらせてしまいましょう。

エックスサーバーにログインして「サーバー管理」をクリックしてサーバーパネルを開きます。
「サーバーパネル」→「ホームページ」→「.htaccess編集」をクリック。

.htaccessの編集へ

 

「ドメイン選択画面」で、該当ドメインの「選択する」をクリック。

ドメインの選択

 

「.htaccess編集」画面の「.htaccess編集」タブをクリック。

.htaccessの編集を選択

 

.htaccess の最上部を1行(2行でもいい、見やすくなる)空けて、

htaccessの追記場所

 

以下の文字列をコピペで入力します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

入力したら「確認画面へ進む」をクリック。

.htaccessに追記する

 

「実行する」をクリック。

.htaccessの編集を実行する

.htaccessの編集はこれで完了です。

 

リダイレクトを確認しましょう
「http://あなたのドメイン」をクリック(or アドレスバーに入力)して、
「https://あなたのドメイン」で表示されたら、正常にリダイレクトされています。

リダイレクトの設定はこれで完了です。

 

リダイレクト設定には大きな意味がある

検索エンジンは「http」と「https」は別のサイトとして扱うといわれています。
ここで問題となるのが、「http://あなたのドメイン」も「https://あなたのドメイン」も完全に同じページが表示されるということ。

別のページでまったく同じ内容が表示されると、「どちらかがコピーサイト」と判断されます。
「チミは他人のサイトを完コピしてるね?」と疑われるのはあなた。

そんなことにならないように、「http」へのアクセスを「https」へリダイレクトさせます。

これならアクセスもムダにならないし、運営歴の長いサイトならサイト評価を受け継ぐこともできます。

リダイレクト設定は自分のサイトを守るための必須作業、なんです。

 

【まとめ】

この記事では、

  • 常時SSL化
  • WordPress をインストールする
  • リダイレクト設定

という流れで説明してきました。

おつかれ様でした!

WordPress って、やる事が確かに多いのですが、自分がやり方を覚えたら、次の WordPress 初心者さんのお手伝いができるなど、

メリットもとても大きいので、少しずつ覚えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
Sato
時代はWebマーケティングからデジタルマーケティングへと進化。いまやブログはその一部になりました。
デジタルマーケティングの案内人 Sato が、“デジタルマーケティングへの入り口”としてのブログ構築をお手伝いします。
あなたの個性をバリバリ活かしたブログを構築しましょう!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 沖縄発ブログ構築コンサル JINKLE , 2017-2019 All Rights Reserved.